ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニアの【ジンクス】を守る者と破る者

BEST OF THE SUPER Jr.




来週、台大会2連戦から始まるベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(以下BOSJ)。

開幕戦から決勝戦並みの好カードが組まれました。

各ブロックとも開幕戦は人気も実力もトップクラスの選手起用で、大会を盛り上げます。

 

ころで、今まであまり気にしたことがありませんでしたが、2015年以降続いているジンクスがあります。

 

そのジンクスとは…

開幕戦か2日目のメインイベントを務めた選手が決勝戦に辿り着く

 

2015年以降、開幕戦か2日目のメインイベントを闘った選手(合計4人)の内、少なくとも1人は決勝戦に進出しています

※2015年と2016年の2戦目はメインイベントがBOSJの公式戦ではありませんが、公式戦の中では一番最後の試合です。

 

▪︎2015年は2日目のメイン(公式戦の中で)に出場し敗れたKUSHIDAが、決勝戦に進み優勝

▪︎2016年は2日目のメイン(公式戦の中で)に出場し敗れたウィル・オスプレイが、決勝戦に進み優勝

▪︎2017年は2日目のメインに出場し勝ったオスプレイが、決勝戦で敗れ準優勝

▪︎2018年は開幕戦のメインに出場し勝った石森太二と、2日目のメインに出場し勝った髙橋ヒロムが決勝戦に進み、石森を敗ったヒロムが優勝

 

開幕戦も2日目のメインも大会も盛り上がるために、重要な試合です。

特に開幕初日は、優勝候補がメインを務めます

自ずと決勝戦に進む確率は高くなりますが、他の選手に狙われるリスクも高くなるでしょう。

そんな不利な状況でも、1人以上は決勝に進んでいるというジンクスです。

 

では、今年はどうなっているのか?

 

開幕戦の5・13宮城大会のメインを飾るAブロックのメインは…

ドラゴン・リー vs 石森太二

 

2日目の5・14宮城大会のメインを飾るBブロックのメインは…

田口隆祐 vs YOH

 

今年もジンクスが破られなければ、この4人の内1人ないしは2人決勝戦に進むことになります。

 

ちなみに、4人のリーグ最終戦の相手はご覧の通りです。

 

【5・31愛媛大会 Aブロック最終戦】

ドラゴン・リー vs マーティー・スカル

石森太二 vs 鷹木信悟

 

【6・3岡山大会 Bブロック最終戦】

田口隆祐 vs ウィル・オスプレイ

YOH vs ロビー・イーグルス

※最終戦の為、試合順は未決定

 

リーグ戦最終日に田口監督がオスプレイを倒し、優勝決定戦に駒を進めるようなことが起きるかもしれません。

そう言えば、タカタイチマニアでシングルマッチを闘ったタイチも、予言めいた発言をしていました。

田口監督が決勝に進めば、2016年に準優勝した以来となります。

その時の決勝の相手はオスプレイ。

あの時の借りを返し、ジンクスを守ることができるのか。

それとも、ジンクスを破る選手が現れるのか…

 

 

【お知らせ】

エル・デスペラード誰も俺になんか期待してねぇ発言から始めたアンケートですが、本日(5月9日)18時00分終了です。

多くの方が投票していただいたお陰で、過去最多の投票数となっております。

投票締め切り後、結果を含めた記事を更新する予定です。

 

もし、投票されてない方で推しの選手に一票入れたい方は、是非参加をお願いします。