G1クライマックスが日本でも開幕!Bブロック初戦に忍び寄る“魔の手”

真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』



アメリカ・ダラスで開幕したG1クライマックスが、遂に日本でも始まります。

この瞬間を待ちわびたファンも多かったことでしょう。

 

本日のBブロック初戦となる大田区総合体育館での大会は、前売りの段階で全席ソールドアウト。

急遽、16時より見切れ席が販売されるとのことです

 

本日の天気は日中曇り、最高26度と決して暑くはないですが、当日券入手には長時間並ぶ必要があるでしょう。

当日券入手予定の方は、小まめな水分補給を心がけてください。

 

普段は平日しか観戦に行くことができない筆者ですが、今回は観戦に行くことができそうです。

望遠レンズもレンタルしたので、G1日本開幕戦の写真を見たい方はトペブロ公式アカウントからご覧ください。

早ければその日中に写真アップします。

 

 

本日はG1公式戦だけではなくアンダーカードのタッグマッチも全て豪華な試合です。

全カード見どころ満載ですが、一番気になっているのがジェイ・ホワイトの闘い方。

 

凱旋帰国後から一貫してのらりくらりのスタイルですが、月日が経つごとにアップデートしています。

 

USヘビー級のベルトに挑戦した昨年の1・28北海きたえーるでは、ケニー・オメガの攻撃に常に主導権を握られる試合を展開。

片翼の天使をブレードランナーで切り返し勝利しましたが、終始ケニーのペースで試合が進んでいました。

闘っていたケニーも、まさか負けるとは思わなかったでしょう。

 

昨年のG1は、対戦相手にペースを握らせず試合をコントロール

しかし、試合終盤には外道を介入させパイプ椅子を使った反則攻撃で白星を重ね続けました。

 

これまでの闘いが全部計算されたものかどうか分かりませんが、恐らく昨年のG1とはまた違った闘い方で対戦相手を罠にはめることでしょう。

 

本日、G1のリーグ戦初戦で闘う相手は、倒し方を熟知している後藤洋央紀です。


LA道場での柴田勝頼との猛特訓で、ジェイ撃破のシナリオは描けていることでしょう。

 

しかし、試合終盤誰もが想像も付かない行動に出るのがジェイ・ホワイトというレスラーです。

初戦の後藤戦にどんな“魔の手”が忍び寄るのか…

例年以上に期待値の高い後藤ですが、一筋縄にはいかないことでしょう。

何が起きるのか、この目で見守りたいと思います。

 

 

ちなみに、今回のG1クライマックス優勝を後藤洋央紀と予想しています

 

登録者数1,000人を超えるYouTubeチャンネル『PLLL』とのコラボが実現し、動画内で優勝予想とその理由を語りました。

こちらの記事で補足もしているので、併せてご覧ください。

 

遂に始まるG1の夏。

どのレスラーが栄冠を手にし、どんなドラマが生まれるのか…

真夏のライオンキングダムが、いよいよ開幕です!