飯伏が優勝決定戦進出!Bブロックを勝ち抜ける選手は…

真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』



G1クライマックス、Aブロック最終戦。

過去一度も勝利したことのない飯伏幸太が、王者オカダカズチカを下し優勝決定戦へ駒を進めました。

 

今回で3度目となったオカダとのシングルマッチ。

過去一度も勝利したことのない飯伏ですが、G1の優勝決定戦進出を掛けた一戦で初勝利するという最高のシチュエーションでした。

 

一方、今春のNEW JAPAN CUPを制し、マディソン・スクエア・ガーデン大会で当時王者だったジェイ・ホワイトを倒しIWGPチャンピオンに輝いたオカダカズチカ。

G1も制覇し3冠を目指した絶対王者ですが、飯伏の“カミゴェ”を初めて受け夢破れてしまいました。

 

試合後、自分を戒めるような発言をしたオカダ。

本当に“クソダセェ”チャンピオンだったのでしょうか。

『引き分けでさぁ、決勝なんて行ったらダサいって言ってたけど、負けたらクソダセェな……』

引用:新日本プロレス

 

リーグ最終戦まで僅か1敗でAブロックを牽引し、飯伏戦でもあれだけの試合をし負けたオカダは決して“ダサく”はありません。

むしろ、決して言い訳しないチャンピオンは最もカッコよく散ったと言えるのではないでしょうか。

 

実はAブロック最終戦が行われた昨日、このブログで『ファンが望むG1決勝戦アンケート』を実施していました。

1日にも満たない短い時間(実質18時間)でしたが、沢山の方に投票していただき本当にありがとうございます。

早速ですが、投票結果はこちらです。

 

1人1票のみ投票できるアンケートを実施していました。

つまり、投票した方にとってこれも見たい決勝のカードではなく本当に見たい決勝戦のカードだったということ

ファンが最も見たかった決勝のカードは、オカダカズチカ vs 内藤哲也だったということです。

※あくまで当ブログのアンケート結果です

 

2018年1・4東京ドーム以来のオカダと内藤の再戦を期待したのでしょう。

残念ながらこのドリームカードは、またの機会に持ち越しとなりました。

 

400人を超える投票がありましたが、投票できる8項目の内、1〜4項目はオカダ、5〜8項目は飯伏というアンケート。

結果的にはオカダと飯伏への投票数は、半々の割合となったアンケートでした。

どちらかというと、飯伏とどの選手が闘うかは票がばらけたということになります。

 

そんな飯伏ですが、決勝に向けて改めて優勝する決意を固めました。

 

決勝で飯伏と闘う選手は、今夜決まります。

アンケートで最も支持得た内藤哲也は、決勝に進めば今年4度目となる飯伏戦になります。

当分闘いたくなかったと語った飯伏にとっては、皮肉な決勝戦となることでしょう。

(内藤と当分戦いたくないというのが本心なのかどうかは分かりません)

 

それでもアンケート結果を見れば、この2人の試合を再度見たいファンが多いということは分かります。

内藤が目指す2冠達成にも、決勝進出は絶対条件です。

 

現在無冠の元チャンピオンであるジェイ・ホワイトも、自身の優勝に疑いはないでしょう。

IWGP王者オカダの防衛ロード、他のチャンピオンのタイトルマッチ、挑戦権利証争奪戦が被ることなく行われるには、ジェイの優勝が理想的かもしれません。

個人的な意見ですが、今年のG1でジェイが優勝する姿は全く想像できません。

論理的な理由ではありませんが、いつか機会があったら記事にしようと思います。

 

 

当ブログで優勝を予想している後藤洋央紀も、ジェイ同様ベルトを保有していません。

近年、結果にも運にも見放されていた後藤ですが、多くのファンがその活躍を期待しています。

完全復活まであと少しの後藤が、決勝戦進出で覚醒するのかにも注目です。

 

G1初出場、初優勝を狙うジョン・モクスリーは、一瞬で新日ファンのハートを鷲掴みにしました。

仮にモクスリーが決勝戦に進出しても、不平不満を言うファンは少ないでしょう。

今後も定期的な参戦を期待したいだけに、G1優勝の称号が必要かもしれません。

 

泣いても笑っても、今夜でG1クライマックスリーグ戦の全日程が終了します。

最高のクライマックスへ向け、どんなサプライズが待ち受けるのか…

試合開始は今夜も18時00分です。