モクスリーがALL OUT欠場でケニー・オメガの相手がPACに変更!!!

海外情報



驚きのニュースが舞い込みました!

 

8月31日行われるAEWのビッグマッチ第2弾『ALL OUT』

ケニー・オメガとシングルマッチを行う予定だったジョン・モクスリーですが、肘の手術で欠場することになったそうです。

In this circumstance I am forced to pull out of the fight 8/31 vs Omega at All Out .

(8/31のAll Outでのオメガ戦から、強制的に手を引かざるを得ない状況になってしまった。)

詳細はWrestling-NOW.netさんの記事をご覧ください。

モクスリーの肘の手術の件、今後のウィークリー番組の影響等詳しく翻訳されています

 

しかし、モクスリーの代役の事を考える間も与えず、AEWが驚くニュースを発信しました。

 

ケニーの相手が、PACに決定したというニュースです!

元々AEW旗揚げ時から参戦を表明していたPACですが、ドラゴンゲートのオープン・ザ・ドリームゲート王者だったことから急遽出場を拒否。

※それが欠場の本当の理由かどうかは分かりません

旗揚げ興行の『ALL IN』でハングマン・ペイジと闘う予定でしたが、結局このシングルマッチはAEWで実現することはありませんでした。

 

AEWで試合を行わなかった代わり、イギリスのWrestle Gate Proで試合を行っています。

詳細はこちらになります。

 

その後も何度か対戦カードが組まれましたが、PACの試合がAEWの大会で実現することはありませんでした。

 

それがモクスリーの欠場であっさりPAC出場が決まるとは、誰が予想できたでしょう。

モクスリーの欠場のツイートから、約30分後にAEWから発表があった今回のサプライズ。

恐らく何らかの形でPACの登場が決まっていたのかもしれません。

 

ドラゴンゲートで絶対王者に君臨してきたPACが、Ben-K敗れ王者転落したのが7・21団体設立20周年記念大会。

 

ドラゴンゲートへの継続参戦は続きそうですが、今回ケニーと闘うということは、今後AEWに継続参戦する可能性がでてきたということではないでしょうか。

 

AEWでは初となるタイトルマッチが、ALL OUTで行われます。

正直、目玉はケニー・オメガ vs PACになったと言っても過言ではありません。

新日本でのケニーの試合を見続けてきた私目線では、AEWのケニーはあまり試合を楽しんでいるようには見えませんでした。

恐らく、PACとの一戦は想像を絶する死闘になることでしょう。

 

 

AEW『ALL OUT』は現地時間の8月31日開催です。

日本時間では9月1日のAM8:00

 

ライブ&オンデマンド配信はFITE TVのPPV(約2400円)購入で視聴することができます。

FITE TVの詳細はこちらをご覧ください。

 

ALL OUTは旗揚げ興行だったALL IN以上に、豪華な試合が沢山組まれています。

新日本でもお馴染みのメンバーが、熱戦を繰り広げることでしょう。

Cody、ヤングバックス、ハングマン・ペイジ、バレッタ、チャッキーT、クリス・ジェリコ…

 

今回も歴史的興行になりそうです。

そして、ケニーとPACの一戦は間違いなくドリームマッチになると期待しています。

 

ALL OUT開始まで、残る日数はあと8日です。