ドラゴン・リーがCMLLを解雇!?今後の新日本プロレス出場の影響は…

海外情報



日本プロレスと深い関わり合いがあるCMLLから、驚くべきニュースが発表されました。

それは…

ルーシュとドラゴン・リーの解雇

 

CMLLのオフィシャルTwitterアカウントから公式にアナウンスがありましたが、残念ながら具体的に「解雇」という翻訳まで辿り付けませんでした。

しかし、ドラゴン・リー本人のツイートを見る限り、本当に「解雇」されたようです

『Gracias sr Paco Alonso por todas las oportunidades por lo visto estoy expulsado del CMLL Bienvenida una nueva etapa de mi vida

(パコ・アロンソ氏、ありがとうございます。私はCMLLから追放されたようです。私の人生の新しいステージへようこそ)』

※解雇が100%事実とは言い切れません

 

現地時間の9月27日にROH世界王座のタイトルマッチが行われ、現王者のマット・テイヴェンを破ったルーシュが新チャンピオンになりました。

しかも、試合後には実の兄弟であるドラゴン・リーも登場し、一緒に祝福しています。

詳しくはルーシュのTwitterタイムラインでご確認ください。

 

ROHのフリップ・ゴードンもTwitterでドラゴン・リーにメッセージを贈っており、今後のROHに所属する可能性もあるでしょう。

フリップ『Come to ROH amigo』

リー『Thanks amigo』

フリップ『♡』

 

気になるのは、今後の新日本プロレスへの出場です。

特にドラゴン・リーは今年IWGPジュニアヘビー級王座を獲得しており、髙橋ヒロムとライバル関係の行方も気になります。

 

10月から始まるスーパージュニアタッグリーグ出場も濃厚で、既に各大会のポスターにはティタンと映るドラゴン・リーの写真を確認することができました。

 

直近ではこのタッグリーグに無事出場できるかどうかが、最大の焦点になるでしょう。

ROH所属となるのか、全く違う団体に所属することになるのか…

今後の進展があれば、また記事にしたいと思います。