政府が救済できないプロレス団体とプロレスラーをファンが救う方法

雑感




に100近くあると言われている日本のプロレス団体。

全国を巡業する大規模なプロレス団体から、地方都市を主戦場とするプロレス団体もあり、その数だけ多くのプロレスラーが存在します。

フリーランスで活躍するプロレスラーも沢山いるでしょう。

 

その殆どの団体が通常興行を行えず、プロレス界にとっても危機的状況が続いています。

東京都知事はゴールデンウィーク明けの5月6日まで、引き続きイベント自粛要請の継続を強調。

新型コロナウイルス感染者数が減少しない限り、各プロレス団体やフリーランスのプロレスラーも通常興行を開催することができないのが現状です。

政府は「危機対応融資」と呼ばれる特別な貸し付け制度の融資枠を、5兆円程度に拡大する方針を固めましたが、求める救済は融資ではなくイベント自粛による補償でしょう

 

当面、自粛要請が続くことが予想されますが、各プロレス団体はチケット収入以外の収益を生む仕組みを模索する必要があります。

それはフリーで活躍するプロレスラーも同じです。

プロレス団体は資金繰りが底をつけば経営は破綻し、プロレスラーは廃業を意味します。

新型コロナウイルスが収束を待つばかりでは、大好きなモノを失うことになりそうです

 

そんな状況の中、フォロワーさんがあるプロレスラーの自主興業開催を教えてくれました。

そのレスラーとは、伝説のマスクマンであり多くのプロレスラーに影響を与え続ける…

ビリーケン・キッド

 

コロナ騒動で暗いムードが漂う中、明るく楽しそうなイベント興行を、4月11日(土曜)に有料配信するということです。

『リングで戦うプロレスラーは勿論だが、客席でプロレスを応援するお客様にも免許が必要なのでは?』 と考えたビリーケン・キッドがプロレス教習所を開設

受講者はアルティメット・スパイダーjrと織部克巳の2人 今回は特別に秘密の講座を視聴出来ます!

プロレス教習所で、もう一度プロレスの激しく楽しく正しい観戦を学び『応援のプロライセンス』を取得しましょう!

 

今回ツイキャスで配信されるという自主興行ですが、1人2000円のチケットで動画を視聴することができます。

チケット購入はビリーケン・キッド公式ホームページから、チケット購入後はツイキャスのアプリをインストールし4月11日の配信を待つのみ。

 

観客を入れて通常興行ができない以上、有料のイベントや試合を配信するか選手のグッズなどの物販を購入してもらうしか収入は得られないでしょう。

今回ビリーケン・キッド自主興行に参加するレスラーは、アルティメット・スパイダーjr織部克巳の2人。

目標とする視聴者100人を達成することができれば、ファンである私達が選手の生活を助けることができるということです

現在のチケット購入者は26人

この記事を読んでくれたプロレスファンが、ビリーケン・キッドの「プロレス教習所」に興味を持っていただき、2000円でプロレスラーに投資してくれたら嬉しい限りです。

 

今回、ビリーケン・キッドの自主興行に注目しましたが、興行ができないプロレス団体、フリーのプロレスラーを救う方法は他にもあります。

オンラインサイトでのグッズ購入は直接的な投資となり、動画配信サービスの登録の継続、ニコプロやツイキャスでの視聴もプロレス団体やプロレスラーを助けることに繋がるでしょう。

私のフォロワーさんが各プロレス団体・プロレスラーののオンラインサイトのURLをまとめているので、興味が沸いた方は覗いてみてください。

 

当たり前の光景が当たり前に戻るまでは、まだ当分時間がかかることでしょう。

今回の新型コロナウイルスの一件は、全員が被害者であり助け合える気持ちが大切なんだと思います。

もし、人より被害が少なくプロレス団体やプロレスラーに投資してもいいよという方がいたら、少額でも投資していただけると幸いです

今、プロレス団体とプロレスラーを救済することができるのは、プロレスファン1人1人の気持ちしかないでしょう。