GWにタイトルマッチ決定!全日本プロレスがTVマッチ開催を告知

全日本プロレス




Pocket

コロナウイルスの影響で4月6日の無観客試合以降の興行を中止してきた全日本プロレスですが、ゴールデンウィークに向けて2つの大会の開催を告知しました。

 

「全日本プロレス中継 2020 〜全日本プロレスから世界へ届けたい想い〜」
4月30日(木) 19:00放送開始 サムライTV&全日本プロレスTV
アジアタッグ選手権試合開催
芦野祥太郎選手参戦
「全日本プロレス中継 2020〜そして、闘いはつづく〜」
5月5日(火) 19:00放送開始 サムライTV&全日本プロレスTV
芦野祥太郎選手参戦
黒潮“イケメン”二郎選手参戦

 

「全日本プロレス中継2020」と銘打った大会は、恐らく無観客による収録マッチとなることでしょう。

通常興行ができないプロレス界において、このタイミングでのプロレス中継は攻めなのか、守りなのか…

 

対戦カードなどの詳細は後日アナウンスがあるということですが、アジアタッグ選手権開催と全日本プロレスを主戦場宣言した芦野祥太郎黒潮“イケメン”二郎の参戦が発表されました。

日本最古のベルトというアジアタッグ王座のベルトですが、現在のタッグチャンピオンはヤンキー2丁拳銃の木高イサミ宮本裕向の2人です。

まだ対戦相手が決まっていない2人は、『勇気ある人は誰でも出てきて欲しい!』と挑戦者を求めています。

 

アジアタッグ選手権があり、芦野の出場を告知しているということは、WRESLTE-1時代のパートナーである児玉裕輔の参戦と2人タイトルマッチ挑戦の可能性もあるかもしれません

児玉本人も自身のTwitterでこんな呟きをしています。

 

これが額面通りなら芦野の参戦を見守るとも取れますが、逆に全日本に参戦するという「フラグ」かもしれません

何かが起きる「全日本プロレス中継2020」となるのか…

 

まずはヤンキー2丁拳銃がタイトルを奪取した3・23後楽園ホール大会を復習してみてはいかがでしょうか。

全日本プロレスTVは月額900円で、過去の映像も見放題です。

ゴールデンウィークはより一層の外出自粛が求められる中、全日本の勇気ある決断に感謝しかありません。

新型コロナウイルス感染減少の為にも、STAY HOMEの楽しみが増えることを、ゴールデンウィークがプロレスで埋まることを祈るばかりです。