パートナーXの正体は児玉裕輔!次の全日本プロレスTVで更なる仲間も投入!

全日本プロレス




月6日新木場大会振りに行われた全日本プロレスの無観客試合。

ゴールデンウィークに2大会行われる今大会は、「全日本プロレス中継 2020」と題してTVマッチが行われました。

 

今大会は新木場大会で登場した元WRESTLE-1(以下W-1)の芦野祥太郎の試合が組まれており、宣言していたパートナーXとタッグを組んでの試合。

大方の予想通り、芦野のパートナーは…

元WRESTLE-1の児玉裕輔

 

W-1でアンファンテリブルというユニットだった2人は、W-1でタッグのベルトも保持していました。

縦横無尽に動き回った2人は、対戦相手を圧倒。

プロレスができる喜びは、全日本の選手を凌駕していたのではないでしょうか。

 

試合後、全日本プロレスの選手を挑発する芦野に対し、ゲスト解説に入っていたジェイク・リーがすかさずリングに現れました。

同世代である2人の睨み合いに、ヘビー級戦線の活性化を期待せずにはいられません。

 

三冠ヘビー級のベルト奪還を目標にする芦野が、ジェイクより早く辿り着けることができるか。

それとも昨年王道トーナメントを制したジェイクが、念願の三冠のベルトを手にするのか。

 

更にこの日のバックステージで、芦野は新たなパートナーXの投入にも言及しています。

『全日本プロレス初戦、圧倒的に勝ちましたよ。次の試合、はぐれレッスルワンとか言ってたな?アイツら。はぐれレッスルワンじゃねぇぞ。

言っとっけどなぁレッスルワンの中心は、俺たちアンファンテリブルだったんだよ。分かる?俺たちが本丸だ。他の人間がはぐれてんだよ。俺たちが中心だったんだよ。はぐれレッスルワンなんてもう二度と口が裂けてでも言わせねぇからな。

俺たちアンファンテリブル、次連れてくるはぐれた仲間は、はぐれた仲間は、はぐれてねぇヤツ連れて来るよ。

獰猛なヤツがいるからまだ。デカくてよぉ、ビッグチェスト、ビッグアームのビッグショルダー、ビッグレッグの倍もこっちもいんだよ。そのはぐれモンスター連れて来るから。

次の試合、ジェイク・リー楽しみにしとけよ。全日本プロレスファン、俺とジェイク・リーの闘い楽しみにしとけ!』

引用:全日本プロレスTV

 

このコメント後、早速発表された5・5「全日本プロレス中継 2020」ではジェイク&岩本煌史組と芦野&パートナーX組によるタッグマッチが組まれました。

 

2人目のパートナーXも、恐らく元W-1の選手でしょう。

いや、十中八九あの選手だと思います。

これで更にヘビー級戦線が面白くなるでしょう。

 

じっくり全日本プロレスジュニアを堪能したいと言う児玉の次の相手も岡田佑介に決まり、早速シングルマッチが組まれました。

決して層が厚くない全日本ジュニアに児玉が入ったことで、こちらも新展開が期待できます。

 

動きだした全日本プロレスは、ヘビーもジュニアも戦国時代に突入しそうです。

芦野のアンファンテリブルは、更なる勢力を拡大するのか。

その勢いをジェイクや他の選手が止めるのか。

群雄割拠の全日本プロレスに期待が膨らみます。