宮原健斗がタッグ王座戦に挑戦!芦野祥太郎のパートナーも登場決定!

全日本プロレス




発表された、全日本プロレスのTVマッチ。

4月30日と5月5日に「全日本プロレス中継 2020」と題して開催されることが決定しました。

 

対戦カードは今後発表されますが、4月30日のアジアタッグ選手権のみ開催が決定しています。

現チャンピオンチームはヤンキー2丁拳銃こと木高イサミ宮本裕向の2人。

誰でも挑戦してきて欲しいと望んでいましたが、昨年から全日本プロレスに参戦している若きイタリア人が挑戦を表明しました。

『こんにちは フランシスコ・アキラです。今、ボクはイタリアから遠く離れ、日本でひとりプロレス修行をしています。故郷で多くの人がコロナに感染しているというニュースを見るるととても心が痛みます。

そんな彼らを元気にするため何かボクに出来ることはないだろうか。

その時、アジアタッグ王座が挑戦者を募集してる事を聞きました。ボクは決めました。

そのベルトを取ってイタリアの皆に元気になってもらおうと』

 

世界で2番目に新型コロナウイルスの感染者が多いイタリアですが、27日現在で19万人以上も感染していると報道されています。

フランシスコ・アキラの地元であるロンバルディア州の州都はミラノであり、イタリア全土の半数以上の感染が集中している地域ということ。

家族や友人の安否など心配は尽きないことでしょう。

イタリア国民に元気を伝えられるように、アジアタッグ王座に挑戦します。

 

しかし、肝心なパートナーがいません

誰か力を貸して欲しいと願っていましたが、意外や選手が名乗りを挙げました。

その意外な選手とは…

宮原健斗

 

前三冠ヘビー級チャンピオンであり最多連続防衛記録を保持する宮原健斗が、母国イタリアに元気を与えたいというアキラとタッグを組んでアジアタッグ王座に挑戦するという事です。

アキラにとってこれ以上心強いパートナーはいないでしょう。

母国イタリアと日本に元気を与えるような試合になる事を期待したいです。

 

全日本プロレスに参戦を宣言した芦野祥太郎のアジアタッグ王座挑戦の可能性はなくなりましたが、改めてパートナーを連れて来ることを宣言しました

『元レッスルワンの芦野祥太郎です。

4月6日に新木場で言ったとおり、仲間を連れて全日本プロレスのリングに初めて上がるのが非常に楽しみですね。全日本プロレスのリングでデカい人間とプロレスするのが心の底から楽しみなんで、思いっきり暴れたいと思います』

 

全日本プロレスも芦野のパートナーX登場と告知しているので、誰かしらが登場することは間違いないでしょう。

それがWRESTLE-1で同じユニットだった児玉裕輔羆嵐なのか、それとも他の選手なのか…

もしかしたら#STRONGHEARTSのメンバーという可能性もあるでしょう。

 

ゴールデンウィークに現在進行形の闘いが2大会も見れるのは、サムライTVと全日本プロレスTVだけ。

特に全日本プロレスTVは月額900円とかなりお得です。

2日間ある全日本プロレスTVでは、どんな対戦カードが組まれるのか。

宮原健斗とフランシスコ・アキラのタッグは、どんなハーモニーを奏でるのか。

芦野祥太郎のパートナーXとは誰なのか…

 

見逃せない全日本プロレスTVまで、残り3日です。