【更新】「KING OF GATE 2020」優勝者決定!栄えある王者の主張とは…

DRAGON GATE




Pocket

観客で行われたドラゴンゲート・シングルNO.1決定戦『KING OF GATE 2020』ですが、先程全日程が終了しました。

試合結果を速報する前に、今回の『KING OF GATE 2020』を振り返りたいと思います。

 

決勝トーナメントに残ったのは、YAMATO石田凱士Eita土井成樹の4人。

Aブロック代表 YAMATO
一回戦の相手 斎藤了
二回戦の相手 Kzy
三回戦の相手 ディアマンテ
Bブロック代表 石田凱士
一回戦の相手 ジェイソン・リー
二回戦の相手 奥田啓介
三回戦の相手 土井成樹
Cブロック代表 Eita
一回戦の相手 ストロングマシーン・J
二回戦の相手 Ben-K
三回戦の相手 ドラゴン・ダイヤ

 

抽選によって限定10人に絞られた敗者復活戦は、バトルロイヤルにて現オープン・ザ・ドリームゲート王者の土井成樹に決定。

決勝トーナメントの組み合わせも抽選で行われ、ご覧の対戦カードになりました。

決勝トーナメント 一回戦①
石田凱士 vs 土井成樹
決勝トーナメント 一回戦②
YAMATO vs Eita

 

Bブロックのトーナメントと同一カードになった石田 vs 土井戦は、雪辱を果たした土井が決勝進出。

もう1試合のYAMATO vs Eita戦は、YAMATOを破ったEitaが2年連続決勝戦進出を決めました。

 

ちなみに、私が予想したベスト4と優勝者はこちらになります。

 

ここからは優勝決定戦速報になります。

 

今年の『KING OF GATE』の優勝者は…

Eita

 

ヌメロ・ウノ(変型アームバー)で土井からギブアップを奪ったEitaですが、優勝決定戦はセコンドの介入無しに優勝を果たしました。

現ドリームゲート王者を倒し完全優勝を果たしたEitaは、自分がドリームゲート王者に相応しいとアピール

更にR.E.Dの石田に負けて敗者復活戦から勝ち上がった土井に対し、準優勝も一回戦負けも変わらないと主張しています。

 

土井の持つドリームゲートのベルトは自分のものだものアピールすると、ここで八木本部長がリングイン。

キングオブゲート優勝とドリームゲートのベルトは別物と主張し、タイトルマッチを組むと宣言しました。

しかし、Eitaに蹴散らされリングの外に追いやられてしまいます。

 

優勝者が挑戦者に回ることはおかしいと主張し、やりたいようにやると宣言するEita。

ここでリングに上がっていた吉野正人を見つけると、吉野の引退と引き換えにドリームゲートに挑戦してやってもいいと好き勝手な提案しました

 

結局、何も決まらずEitaを含むR.E.Dのメンバーは退場。

このまま土井とEitaのタイトルマッチが組まれるのか、それとも土井がベルト返上でドリームゲート王座決定戦が行われるのか、Eitaがまた好き勝手な主張を繰り返すのか…

今後のスケジュールが決まっていないだけに、続報を待ちたいと思います。