R・E・DのEitaが土井を破りオープン・ザ・ドリームゲートのベルトを初戴冠

撮影トペブロ管理人
DRAGON GATE




観客興行再開後、初のビッグマッチとなったDRAGONGATEの「MEMORIAL GATE 2020 in 和歌山」大会。

 

セミファイナルで行われたオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権では、若手の箕浦康太が奮闘しました。

ジェイソン・リーと組んで臨んだツインゲート選手権では、王者組のB×Bハルクから3カウントを奪取。

 

この試合、セコンドに仲間を引き連れてこなかったB×BハルクとKAZMA SAKAMOTOの2人。

介入もなく負けてしまいましたが、結果メインイベント前にR・E・Dはベルトを失ってしまいました。

最近のR・E・DはB×BハルクとEitaの誤爆から不穏な空気が流れていましたが、この結果がメインのタイトルマッチにも影響を及ぼすのか…

 

この日のメインは、チャンピオンの土井成樹と「KING OF GATE 2020」を制したEitaとのオープン・ザ・ドリームゲート選手権。

両陣営セコンドが見守る中でのタイトルマッチとなりました。

試合序盤はEitaが腕攻めするも、徐々に土井がペースを取り戻すと一進一退の攻防に。

試合中盤、レフリーと交錯するもR・E・Dメンバーの介入を拒否するEita

一旦はハルクからパイプ椅子を受け取るも、Eitaは場外に投げ捨てます。

 

試合終盤、何度目かのマスキュラーボムが決まるも、序盤攻められた腕を痛めカバーできない土井。

最後はNumero Uno(腕への関節技)を決めたEitaが土井からギブアップを奪い、オープン・ザ・ドリームゲート初戴冠を成し遂げました

 

試合後マイクを握ると、「KING OF GATE 2020」を制しオープン・ザ・ドリームゲートを巻く自分がドラゴンゲートの中心であることを改めて主張。

介入も凶器も使用なく勝ったEitaが、これからどこへ向かうのか。

R・E・Dの勢力を更に拡大するのか、それともメンバーを仲間割れしR・E・Dから抜けるのか…

今後を左右する9・21大田区大会での金網6WAYマッチに、期待が膨らむばかりです。