遂に「KING OF GATE2020」開幕!土井成樹の優勝したい2つの野望

DRAGON GATE




、本日から開催される毎年恒例のドラゴンゲート・シングルNO.1決定戦『KING OF GATE 2020』。

今年は公式動画配信サービス『DRAGONGATE NETWORK』にて、無観客大会として独占配信されることが決定しました。

大会日程、参加選手の詳細はこちらをご覧ください。

 

唯一2度の制覇を成し遂げている吉野正人ですが、年内での引退を発表していることもありエントリー外となっています。

そんな吉野ですが、バトル・ニュースで今大会のキーポイントと注目選手の名前を挙げていました。

『参加全24選手がA~Cの3ブロックに分かれ、まずはこの各ブロックの勝者を決します。さらに、この3名の他に「敗者復活バトルロイヤル」が行われ、この勝者を加えた4名による決勝トーナメントによって、2020年の優勝者が決定します。通常、トーナメント戦だと1度敗けてしまうと終わりですが、今年はこの敗者復活枠がキーポイントになるかもしれませんね

注目の選手は、あえて闘龍門世代の選手を外して考えるならドラゴン・ダイヤですね。最近の成長と勝率を考えたら上がる可能性はあるんじゃないですか』

引用:バトル・ニュース

 

一方、現オープン・ザ・ドリームゲート王者の土井成樹は、優勝した際の2つの野望を口にしています。

一つ目は、優勝した人が挑戦権を獲得するみたいな流れを断ち切りたいということ

「KING OF GATE」=挑戦者決定戦みたいなイメージを払拭し、王者として優勝し次の挑戦者を指名したいと語っています。

 

もう一つは、唯一無二の名タッグ「土井吉」として活躍してきた盟友・吉野正人の為にも、優勝して「土井吉」としてツインゲートに挑みたいとのこと

その為にも「KING OF GATE」を優勝し、吉野が引退する前に晴れ舞台を作って上げたいというのが、土井の願いです。

土井のインタビュー全部はこちらからご覧ください。

 

昨日で締め切られたSNSによるファンによる優勝予想ですが、様々な選手の名前が上がっていました。

今朝集計された情報によると、優勝予想の投票ランキングの結果はご覧の通りになっています。

1位 Kzy

2位 土井成樹

3位 YAMATO

4位 Eita

5位 Ben-K

6位 BxBハルク

7位 横須賀ススム

8位 ドラゴン・キッド

8位 望月成晃

 

ちなみに私の予想は…

Aブロック YAMATO

Bブロック 土井成樹

Cブロック Ben-K

敗者バトルロイヤル Eita

優勝はEita

 

年に一度の『KING OF GATE』は、本日の正午12時から配信です。

1ヶ月半の自粛期間で、ビルドアップした選手もいるでしょう。

4月4日以来となる試合配信ですが、動き始めたドラゴンゲートでどんなドラマが生まれるのか…

波乱ありの幕開けとなるのか、それとも実力者が順当に勝ち上がるのか、注目の開幕戦はAブロックの4試合です。