【NJWK15】1・5東京ドーム大会速報!二冠戦の結末は…

東京ドーム大会【撮影:koba】
WRESTLE KINGDOM




Pocket

ルサン Presents WRESTLEKINGDOM15 in 東京ドーム』も2日目。

本日の対戦カードも全て決定しました。

 

1・4東京ドーム大会の入場者数は12,689人

コロナ禍の状況でチケットもギリギリまで販売できない劣勢の中、1万人越えの動員は上出来と言えるでしょう。

内藤哲也と飯伏幸太の二冠戦に涙したファンも多かったと思います。

他にも様々な熱い試合が行われました。

昨日の試合結果はこちらになります。

 

今日の試合も第0試合は16時、第1試合は17時開始予定、NJPWの配信は17時スタートです。

昨日はNJPW WORLDで視聴した筆者ですが、本日は現地 “東京ドーム”で観戦となります。

1・5東京ドーム大会も注目の試合が目白押しです。

本日は出勤の方も多いことでしょう。

現地から試合結果を速報したいと思います。

試合開始後、随時更新する予定です。

 

【第0-1試合】

スターダム提供試合【撮影:koba】

スターダム提供試合の1試合目は、上谷沙弥がないぽいから3カウントを奪って勝利。

 

【第0-2試合】

スターダム提供試合【撮影:koba】

スターダム提供試合2試合目は、ジュリアが中野たむから3カウントを奪い勝利。

 

第1試合 『KOPW 2021』決定戦4WAYマッチ
チェーズ・オーエンズ vs バッドラック・ファレ vs BUSHI vs 矢野通

矢野通がBUSHIから3カウント奪取。

これで『KOPW2021』最初の保持者は矢野通に決定。

 

第2試合 IWGPジュニアタッグ選手権
金丸義信&エル・デスペラード vs マスター・ワト&田口隆祐 ✖︎

デスペラードが田口にロコモノからピンチェロコを決め3カウント奪取。

 

第3試合 NEVER無差別級選手権試合
鷹木信悟 vs ジェフ・コブ ✖︎

鷹木が龍魂ラリアットからラスト・オブ・ザ・ドラゴンを決めジェフ・コブから勝利。

 

第4試合 スペシャルシングルマッチ
SANADA vs EVIL ✖︎

セコンドのディック東郷をエプロンからテーブル葬!

ラウンディング・ボディプレスで SANADAの勝利。

 

第5試合 IWGPジュニアヘビー級選手権
✖︎ 石森太二 vs 高橋ヒロム

一度はタイムボムを返されるも、2度目のヴィクトリーロイヤルからタイムボムⅡ を決め、高橋ヒロムがIWGPジュニアヘビー級王座に返り咲き!

 

第6試合 IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権
飯伏幸太  vs ジェイ・ホワイト ✖︎

48分05秒の熱戦を制したのは飯伏幸太!

IWGPヘビーとIWGPインターコンチネンタルの初防衛に成功。

飯伏幸太【撮影:koba】

 

試合後は SANADAが現れ挑戦表明。

飯伏幸太、 SANADA【撮影:koba】

 

明日のNEW YEAR DASHはどんなカードが組まれるのか。

恐らく、NEW YEAR DASHの翌日には二夜明け会見が行われるでしょう。

次期シリーズでどんなカードが組まれるか気になりますが、緊急事態宣言による興行開催の可否も気になるところ。

観客動員の制限があっても、無事開催しれることを祈るばかりです。