ジェイ・ホワイトが感動のスピーチ『新日本プロレスリングは俺の家だ!』

ジェイ・ホワイト【撮影:koba】
雑感




Pocket

、当ブログで行ったアンケートを行った『新日本プロレスコンクルソ』の結果が出たのでご報告します。

ちなみに裏コンクルソとは新日本のコンクルソで投票が多かった上位3人に、新日本ではエントリーされなかった3選手を加え合計6人で決戦投票をしたものです。

詳しいエントリー選手はこちらをご覧ください。

 

では、早速投票結果を発表します。(投票は1月4日で締め切っています)

『新日本プロレス裏コンクルソ』投票結果
【1位】 ジェイ・ホワイト 35%
【2位】 SANADA 22%
【3位】 飯伏幸太 17%

投票者コメント(1位のジェイ・ホワイトに対するもの)

▪完璧。

▪パーフェクト??

▪表に出てたら上位に食い込んでたと思わせるぐらい完成している

▪身長もあり、顔が小さく、手足が長くて嫌みのないマッチョな筋肉は均整がとれて、一番カッコイイと思います。

▪上腕二頭筋の隆起がすごい

▪若干20代で、あのインサイドワーク??新日本プロレスの顔の一人でしょう!

▪彼の体はまさに”彫刻”!!

 

飯伏幸太に並び完璧なボディのジェイ・ホワイトが、非公式『新日本プロレス裏コンクルソ』の1位となりました。

次回『新日本プロレスコンクルソ』が開催される時は、是非エントリーして欲しいものです。

 

 

ジェイ・ホワイトの壮行試合

 

ダブルドーム大会以降、何かと身辺が騒がしいジェイ・ホワイトですが、数年前までは野毛道場で鍛錬を積むヤングライオンでした。

ジェイがヤングライオンとして、最後の試合となったのは2016年の6・19大阪城ホール大会。

第0試合で壮行試合が組まれ、試合後に旅立ちのスピーチをしました。

『スイマセン、 ちょっと待って下さい。 オーサカ!俺のニホンゴ聞いて下さい。新日本プロレスファンズ、2015と2016、どうもありがとうございました。新日本プロレスファンズ。 私のこれからも、よろしくお願いします。新日本プロレス、また帰って来ます! なぜなら、なぜなら、この新日本プロレスリングは、俺の家だ! そして、 そして、新日本プロレスと新日本プロレスファンズ、あなた、あなた、あなた、あなた、あなたは私の家族です ありがとうござました! またね』

引用:NJPW WORLD

※『ジェイ・ホワイトの壮行試合』はNJPW WORLDで視聴可能です

 

自分の壮行試合に、すべて日本語でスピーチをしたジェイ・ホワイト。

バックステージでも感謝の言葉を口にしました。

『旅立つ前の最後の半年は、本当に思い出深かった。楽しかった。新日本プロレスのすべてに先輩、そしてここにいるフィンレー、ロビンソンには、ほんとに感謝したい。俺は次のステップにいく。どれくらい先になるかわからないけど、必ず新日本プロレスに帰ってくる。なぜなら、ここが俺の家だから。必ず帰ってくる。本当にありがとう』

引用:新日本プロレス

 

将来はオカダカズチカと肩を並べるレスラーになりたいと勝ったジェイ。

バックステージ全文はこちらでご覧ください。

 

1・5東京ドーム大会で二冠王者になれなかったジェイ・ホワイトですが、主要なシングルのベルトは既に戴冠しており、現在の新日本のレスラーで最も結果を残している男の1人です

▪第68代 IWGPヘビー級王座

▪第2代 IWGP USヘビー級王座

▪第23第 IWGPインターコンチネンタル王座

 

そして、海外戦略においても最も重要なレスラーと言えます。

 

新日本プロレスの契約更新は1月。

毎年、様々な噂が飛び交いますが、ジェイがマイホームとファミリーを置き去りにしないと信じています。

新日本にとってもファンにとっても、ジェイ・ホワイトは家族ですから。