IWGPタッグ1dayトーナメント開催!?どのチームが出場の可能性あるの?

雑感



残念ながらNEW JAPAN CUP(以下NJC)準決勝で、SANADAはザックに負けてしまいました。

他の選手以上に勝ちたい理由があったのに…

ストップ・ザ・ザック!SANADAが勝たなきゃいけない理由

 

4・1両国大会では、恐らくIWGPタッグ選手権が開催されるでしょう。

SANADAはIWGPタッグチャンピオンでもありますが、EVILの復帰が間に合わない以上、チャンピオンベルトは返上される可能性があります。

そうなれば2チームによるチャンピオンシップか、1dayトーナメントで王者を決める可能性もあると思います。

 

その証拠に、最近タッグの試合が多いんです。

 

3・16後楽園では3試合

(八木&岡 vs 裕二郎&タンガ・ロア、ヘナーレ&真壁 vs 石井&矢野、外道&オカダ vs みのる&飯塚)

3・18浜松大会では4試合

(矢野&石井 vs タイチ&飯塚、エルガン&ジュース vs オーエンズ&飯伏、YOSHI-HASHI&後藤 vs ランス&スミス、フィンレー&棚橋 vs チャッキー&オカダ)

3・21長岡大会では3試合

(矢野&石井 vs ランス&スミス、フィンレー&ジュース vs YOSHI-HASHI&後藤、チャッキー&オカダ vs オーエンズ&飯伏)

 

しかも、半分以上が正規タッグチーム。

1dayトーナメントに向けての布石に感じてしまいます。

 

もしIWGPタッグ1dayトーナメントが本当に開催されるなら、どんなチームが出場するか考えて見ました。

私の予想では、4チームによるトーナメント。

すなわち、優勝するには1日で2回試合をしなければなりません。

 

 

第1候補

ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.

出典:新日本プロレスリング:HP

 

アーチャー『東京ドームで盗まれた物をそろそろ取り返さなきゃいけない時が来た。

SANADAとEVIL、お前たちのことを言っているんだ。

何がどうあれ、俺たちは必ずリングの上で、お前たちが持っている(IWGPタッグ)ベルトを取り返してみせる』

引用:新日本プロレス

 

 

第2候補

ジュース・ロビンソン&マイケル・エルガン

 

ジュース『ビックマイク!このままトレーニングを積んでもっと大きくなれよ。

ずっとお前とタッグ組んでやるぜ!』

引用:新日本プロレス

 

第3候補

後藤洋央紀&YOSHI-HASHI

出典:新日本プロレスリング:HP

 

後藤『俺はこの(NEVER)ベルトだけで満足してるわけじゃないから。

この前は相手(EVIL)のケガで実現しなかったし、今日の結果はこうだけど、タッグも狙いたいと思ってるよ。』

引用:新日本プロレス

 

トーナメント出場の本命はこの3チームですが、他にも出場候補チームがいます。

 

 

石井智宏&矢野通

真壁刀義&トーア・ヘナーレ

タイチ&飯塚高史

 

あれ?

あの2チームは入らないの?と思われる方も多いでしょう。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

残念ながらG☆Lとヤングバックスは参加しないでしょう。

 

4・7ROHSupercardにてcodyと一騎打ちを控えているケニーは、NJCエントリーすら見合わせています。

ヤングバックスや飯伏もこの興行に参加が決定していますし、G☆Lが参加しないトーナメントに参加することはないでしょう。

 

散々予想しましたが、願わくばEVILが両国大会に間に合うことを望んでいます。

折角取ったタッグチャンピオンのベルトを、易々と違うチームに渡す気はないでしょうから。