ストップ・ザ・ザック!SANADAが勝たなきゃいけない理由

NEW JAPAN CUP



NEW JAPAN CUP(以下NJC)初戦で内藤哲也を倒したとき、嫌な予感がしたんです。

いや、あの完璧な試合運びを目の当たりにして、この強さは化け物だと思いました。

波乱or必然!?ニュージャパンカップ尼崎大会

 

そんなザックが準決勝で闘う相手はこの男…

 

正直、内藤も飯伏も関節の取り合いやグランドの攻防では、ザック相手に防戦一方でした。

SANADAは対処できるのでしょうか?

新日本参戦以降のスタイルしか知りませんが、3・16後楽園ホールの前哨戦で見せた攻防は、ザックに充分対応できているように見えました。

 

シングルマッチでどこまで対応できるか分かりませんが、SANADAには勝たねばならぬ理由があります。

このセリフにヒントが隠されています。

 

『このNEW JAPAN CUP、何の波乱もなく俺が優勝してやるよ。

引用:新日本プロレス

 

このセリフってどこかで聞いたことありますよね?

そう、WORLD TAG LEAGUEEVILが言っていたセリフです。

 

SANADAはEVILの為にも優勝目指しています。

 

現在怪我の為欠場中のEVILですが、SANADAと共にIWGPタッグチャンピオンのベルト保持者です。

NJC優勝者は4・1両国国技館でシングルのベルトに挑戦する権利を得ます。

すなわちSANADAがNJCで優勝すれば、両国でオカダとIWGPヘビー級選手権が行われる。

 

つまり…

 

両国でIWGPタッグ選手権は行われない

 

本来なら怪我をしたらベルトは返上されるでしょう。

それでも欠場が長引かなそうなら、その限りではありません。

 

しかし、春の両国大会はタイトルマッチを数多く実施します。

どうなるロングビーチ!?どうなるSAKURA GENESIS!?

 

本来なら3・25ロングビーチか4・1両国のどちらかでIWGPタッグ選手権を行いたいはずです。

SANADAがNJC優勝しなければ、ベルト返上でIWGPタッグ王者を決めるタイトルマッチが組まれるかもしれません。

もしくは4チーム参加の1DAYトーナメント。

 

それを回避するには、NJCでSANADAが優勝するしかありません。

 

自身が持つベルトの為にも、そしてEVILのベルトを守る為にも、SANADAは誰が相手でも勝たなければなりません。

 

あとは、この男に勝つための対策を練れるかどうか…

TAKAみちのく『いつなんどき、どんな体勢でも関節技、サブミッションホールドを決められるこの男! 無限のサブミッションホールドを持つ、この男!』

 

ザック・セイバーJr.