遂にボーンソルジャー出現!!そしてその正体とは…

出典:新日本プロレスリング:HP
雑感



レスリングどんたく福岡大会2日目は、サプライズだらけで…

 

疲労困憊です

 

その中でも、特に大きなサプライズの一つが…

 

ボーンソルジャー出現!

出典:新日本プロレスリング:HP

 

レスリングどんたく2DAYSの初日に出現しなかったので、もう今回は現れないかと思っていました。

しかも、出現したタイミングがIWGPジュニアヘビー選手権の直後。

つまり、この段階でボーンソルジャーはジュニアの選手

 

そして、ベルトを防衛したオスプレイの前に現れたのは、タマ・トンガ!

出典:新日本プロレスリング:HP

 

まさか、以前ボーンソルジャーの正体をタマ・トンガと予想したことが頭を過ぎりましたが…

ファレが信用する男。ボーンソルジャーの正体を予想しました!

 

しかし、タマ・トンガのマイクを聞くオスプレイの背後に現れたのは、マスクを被ったボーンソルジャー!

 

そして、オスプレイをKOしタマ・トンガが紹介した男とは…

 

元NOAHの石森太二!

出典:新日本プロレスリング:HP

 

まさかボーンソルジャーが石森太二とは、完全に虚を付かれました。

なぜ、嘘を付かれたかと言えば、以前このブログで完全に否定していたから。

NOAH鳩=ボンソル=石森の可能性が低い理由

 

なぜ、石森がボーンソルジャーではないと思ったのかというと…

 

①あのマスクを被って試合をしたら石森の良さが半減するから(飛び技などしにくくなるから)

②NOAHを退団して海外でチャレンジしたいって辞めたのに、これではNOAHもNOAHファンも裏切ることになるから

③バレットクラブに入るということは、スポット参戦ではなく新日本に継続参戦するということだから

 

①のマスク問題は、被らずに闘うだろうから問題解決。

②と③に関しては、年齢も35歳でプロレスラーとしては一番油が乗っている時期に、海外じゃなく新日本を選んだ。

つまり、それ相当な覚悟があったということ。

 

オスプレイ強襲後のコメントからも、その野望が伺えます。

『新日本ジュニアのトップを獲るために、ここに来た。

そのために、ありとあらゆるネットワークを使って、タマ・トンガとコンタクトをとって、今日登場した。

俺がここに来たからには、新日本ジュニア、必ず面白くしてやる。

そして、次は「SUPER Jr」、この俺も参戦する』

引用:新日本プロレス

 

ひとつ言えることは、石森も新日本も本気でジュニアを面白くすると思っていること。

スポット参戦ではなく、継続参戦だなんて、大賛成です。

 

明日にはベストオブザスーパージュニア(以下BOSJ)の出場選手と、ブロック分けが発表となるでしょう。

恐らくAブロックは…

石森太二、オスプレイ、ドラゴン・リー…他

 

Bブロックは…

高橋ヒロム、エル・デスペラード、フリップ・ゴードン…他

 

俄然、BOSJが熱を帯びてきました!