メイ社長の最新コラム「陽気なハロルドは地球を回す」

雑感



メイ社長が不定期で更新する『ハロルドの部屋』を、皆さんお読みでしょうか?

2日ほど前に更新されましたが、記事の題名を勝手に変えちゃいました。

 

『陽気なハロルドは地球を回す』

 

ちなみにある有名な小説の題名のオマージュです。

なんだかわかります?

 

ヒントを差し上げますので、少しお付き合いください。

 

ヒント①

2003年の作品で、シリーズ累計180万部

 

ヒント②

映画化もしてます(出演:大沢たかお、佐藤浩市、松田翔太、鈴木京香)

 

ヒント③

作者は伊坂幸太郎さん

 

答えは…

 

『陽気なギャングは地球を回す』

(以下陽気なギャング)でした。

 

知ってますか?

とっても面白い小説です。

※画像にリンク貼ったので、気になる方はクリックした下さい

 

伊坂幸太郎さんの小説は個性的で愛すべきキャラクターが多く、散りばめられた伏線を丁寧に回収し、最後は予想も付かない結末でハッピーエンドを迎える…

特に『陽気なギャング』は、その特徴が網羅された小説です。

 

なんかちょっと“プロレス”に似ていませんでしょうか?

 

個性的で愛すべきキャラクターとは、勿論主役のプロレスラー。

真剣勝負の試合と選手の言動が伏線になり、レスラーに感情移入できるドラマになる。

モヤモヤや不安もあるけど、最後はあっと驚く展開で“やっぱりプロレスって面白い!”って感嘆してしまう…

 

物語が完結しないと完成しない小説同様、プロレスもある程度分岐点まで進まないと“一話完結”しないんだと思います。

 

そんな面白い新日本プロレスの経営を任されたのが、昨年6月に就任したハロルド・ジョージ・メイ社長。

 

まさしく陽気な性格で、新日本の経営を回しています。

そして、マーケティング戦略の専門家で、本人が『プロレスの中に絡む気は最初から一切ありません』と公言している通り、試合などに関わることは一切ないとのことです。

 

前職の大企業と比べ、新日本プロレスは中小企業です。

従業員も74名しかいません。(平成30年7月現在)

※プロレスラーは除く

前職ではやらなくてもいい作業も、率先して行っているでしょう。

試合会場にも現れ、SNSに散らばる不平不満にも目を通しています。

これは社長業をこなしながらです。

会社を回しているというより、休みなく駆け回っているのはメイ社長の方かもしれません。

 

て、今回のコラムでも新日本のイメージを壊さないように、大事なことを陽気に説明してくれています。

 

掻い摘んで抜粋すると…

▪︎プロレス団体が増えることについて

▪︎所属選手の流動について

▪︎新日本の海外進出について

▪︎外人社長と批判されることについて

 

特にメイ社長が何の為に新日本プロレスという会社に招聘されたかを、分かりやすく説明しています。

『新日本プロレスが海外にも目を向けなければいけないステージにきたから、海外のこともできる(心が半分外国人で半分日本人の)私に声がかかった』

引用:新日本プロレス

 

新日本のクオリティを数年後も維持する為に、海外戦略が必要だと経営陣が判断したのでしょう。

そして、国内のマーケティング戦略において百戦錬磨のプロフェッショナルを招聘して、飽和状態のとなりつつある国内市場を再度見直し図る必要があったんだと思います。

だからメイ氏に白羽の矢が立ち、早速その手腕を発揮しているのです。

 

メイ社長が外国人だから、海外戦略を始めたのではありません。

 

ちなみに、私も何度かメイ社長にお会いしています。

記念にオフィシャルサポーターシールも貰っています。

 

、間近で見るとメイ社長って日本人でした!(あくまで主観)

外人社長じゃなくて、ただの敏腕経営者です。

私は日本人だと確信しました。(あくまで主観)

そりゃ私より日本語が達者な筈です。

 

コラムではメイ社長が今のモヤモヤした状況に対し、力強いアドバイスをくれました。

『新日本プロレスは組織の力がしっかりしていて、経験豊富で優れたスキルとノウハウを持つプロ集団であり、もちろん選手の層は大変厚いです。

(中略)

選手もスタッフもとても頑張っていますので、目の前にあることを今まで以上に楽しんでいただきたいと思います』

引用:新日本プロレス

 

“目の前にあることを今まで以上に楽しんでいただきたいと思います”

 

この言葉を聞いて納得したファンもいるでしょう。

しかし、まだ不安が残るファンもいるかもしれません。

結局、今の現状に対して今後の展望が全く見えないことに不満があるはずです。

 

勿論、今後の展開を新日本が公表するわけにはいきません。

でも、何か情報が欲しい。

藁にもすがりたい。

妄想でもいいから、希望がある未来を知りたい…

 

つまり、このブログを読んで下さい!

 

リーク情報はありませんが、希望ある憶測と選手愛に溢れた妄想満載です。

先が読めない展開も色々考えて楽しむことができるのが、プロレスなんだと思います。

なんでも起きる可能性があるし、想像以上のハプニングやサプライズが起こるはずです。

目の前のプロレスを楽しんでいるうちに、きっと望んでいた以上の事が起きると期待しています。

 

【お知らせ】

本日から始まるファンタスティカマニアですが、今年も魅力的なグッズが沢山販売されそうです。

 

詳細は今日発表になるということなので、今から楽しみですね。

 

ファンタスティカマニア、KUSHIDAのラストマッチ、冬の札幌2連戦、ニュービギニング大阪…

目の前に広がる景色を堪能するだけで、十分プロレスが楽しめそうです。

だからメイ社長の言葉を信じたいと思います。