スポンサーリンク
翻訳 translation

ドミニオンでサプライズはあるのか?鍵を握るのは直前の後楽園大会!?

昨日は決定したドミニオンのカードと、クリス・ジェリコがドミニオン前に現れるのかどうかという内容をブログで書きました。

大阪城ホールまでトランキーロじゃいられないクリス・ジェリコは、どこかで内藤の背後を狙っているのではないでしょうか?そして、それを読んだ内藤は…

レイ・ミステリオJ r.の参戦は決まっていますが、対戦相手はまだ未定。

出典:新日本プロレスリング:HP

他のカードが発表になるのは、恐らく6・4後楽園ホール大会の翌日になるのではないでしょうか。

気になるのは、残りのタイトルマッチがどうなるのかということと、サプライズがあるのかということ。

前年の実績を振り返れば、今年の予想が立つかもしれません。

昨日のドミニオンは6月11日開催。

その時は、存在するすべてのベルトのタイトルマッチが行われました。

中には総勢15人も参加した、NEVER無差別級6人タッグガントレットマッチもあり。

ビッグマッチなだけに沢山の選手を出場させたいのでしょう。

ただし、今現在NEVER6人タッグのベルトを持つのは、ヤングバックスの2人とマーティー・スカル。

ヤングバックスがIWGPタッグ選手権に挑戦する以上、今のままでは試合を組むのは不可能です。

この状況見たことありますよね…

そう、NEVER6人タッグのベルトを持ちながら、WORLD TAG LEAGUE優勝したEVILとSANADAの2人。

優勝した翌週には急遽NEVER6人タッグ選手権が組まれ、残念ながらベルトを手放すことになってしまいました。

結果、そのベルトは1・4東京ドームで総勢15人のガントレットマッチが組まれています。

ということは、6・4後楽園ホールで急遽NEVER6人タッグが組まれるんじゃないかということ。

個人的には現王者のヤングバックスとスカルに、ベルトの価値を高めて貰いたいけど…

ただし、そのベルトに挑戦させて欲しいと願う選手が1人います。

ドミニオン開催は6月9日です。

6/9…

6 ・ 9…!

第69代IWGPジュニアヘビー級チャンピオン…

田口監督の日!

出典:新日本プロレスリング:HP

田口監督の記念日の為に、直前の6・4後楽園ホール大会で、NEVER6人タッグに挑戦させて欲しい!

ちなみに昨年の6・9は、ドミニオン直前の後楽園ホール大会。

ドミニオンのガントレットマッチ前哨戦で、田口監督も対戦カード組まれてた!

その時、田口監督はどんな決意表明をしたんだろう?

田口『3人でNEVER6人タッグ。(※リコシェを指さし)キング・(※自身を指さし)ラブ・(ジュースを指さし)ジュース。

“キング・ラブ・ジュース”で頑張ります。

あふれる……あふれるお汁で頑張ります。

あふれるお汁……』

引用:新日本プロレス

なんか卑猥…

やっぱり、挑戦は却下(笑)

そう言えば、今年のドミニオン直前の後楽園ホール大会の前日は、競馬の安田記念(G1)があった…

ということは、6・4後楽園ホールで急遽組まれるだろうNEVER6人タッグの挑戦者は…

マスクドホース WILL RETURN!?

出典:新日本プロレスリング:HP

どうにか、サプライズの出来上がり♪

ちなみにですけど、GOOGLEで『マスクドホース』って検索してみてください!

TOPに出てくるサイトは…

こっちの方がサプライズかも(笑)

スポンサーリンク