鈴木みのるの発言の真意とは…大海賊祭

出典:新日本プロレスリング:HP
雑感



6月23日と24日に行われた、鈴木みのるデビュー30周年記念野外フェスティバル“大海賊祭”

参加無料で行われたこのイベントの目玉は…

 

オカダカズチカ vs 鈴木みのる 30分1本勝負

出典:新日本プロレスリング:HP

 

参加無料ということは、2人のギャラも勿論プライスレス。

つまり、命を懸けた闘いに、2人は何も見返りを求めなかったということ。

 

試合はフルタイムドロー

 

土砂降りの雨の中最後まで超人オカダと試合をしたみのるは、引き分けという結果に決して満足はしていません。

この日会場に来た子供たち、同年代の大人たち、そしてプロレスファンにこんな言葉を残しました。

『惜しかった、がんばったなんてどうでもいい。

勝たなきゃ意味がねえんだ。

ガキども、世の中出たら勝ち続けなきゃ上にいけねえんだよ。

俺が言いたいのは世の中そんなに甘くない。

オイ、しょぼくれた中年ども。

俺は50になったが、相手が20でも30でも誰にも負けねえ!

俺はほしいものを全部持っていく。IWGPヘビー? ……アレは俺が予約済だ』

出典:新日本プロレスリング:HP

 

向上心を求めるこの言葉は、この日試合を観戦した子供達にも響いているはずです。

また、みのると同年代の人にも、まだまだ諦めるなというメッセージになったのではないでしょうか。

 

そして、ここからは私の憶測です。

額面通りなら結果こそ全てて、そこに辿り着くまでの過程はどうでもいいとなりますが、本音は違うと思います。

常に結果を求めなければ、勝つという目標は達成できないし、そこに辿り着くまでの過程も評価されない。

これは自分への叱咤激励であり、全てのプロレスファンへのメッセージです。

 

出典:新日本プロレスリング:HP

どのレスラーも一番を目指したから辿り着いた場所なんだ。

だから、勝ち続けなきゃ上に行かねぇんだよ。

それでも一部のレスラーしか認められねぇし、世の中甘くない。

だからそいつらの為にも、自分の為にも、誰にも負けねぇ!

 

 

配信のなかった試合なのに、SNSで拡散された写真を元に海外でも話題になっています。

『ホーホケキョ。』さんのブログを見れば一目瞭然です。

https://blog.with2.net/link/?1918556

 

少しでも長く最前線で闘うということは、プロレスラー自身の年齢との闘いでもあると思っていました。

しかし、そんな常識されも非常識に変えてしまうのが、鈴木みのるという男。

常に一番最先端なプロレスをする男は、次何をしてくれるのでしょうか…

View this post on Instagram

KANPAI #大海賊祭 #シャンパンシャワー

A post shared by MINORU SUZUKI (@suzuki.d.minoru) on