鈴木みのるの恐さと棚橋弘至の覚悟たるや…逆回転のドラゴンスクリューという禁じ手

出典:新日本プロレスリング:HP
真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』




G1開幕戦のセミファイナルを飾ったのは…

 

棚橋弘至 vs 鈴木みのる

出典:新日本プロレスリング:HP

 

私のG1予想は、鈴木みのるが開幕戦で棚橋に負けて優勝するという展開。

開幕戦でみのるが勝つようなことがあれば、G1初日で私の予想は外れることになります。

まあ、予想なんてG1を楽しむためのイチ要素に過ぎませんが。

 

 

1月のインターコンチネンタル選手権で完膚なきまでにやられた棚橋は、どんな展開ならが勝つことができるのか。

意表を突いた丸め込みで勝利?

もしくは場外カウントを利用した作戦勝ちだと思っていました。

 

まさかあんな展開になるとは…

 

完全に読み違いました。

 

試合開始から6分過ぎまで、終始みのるの関節技で捕まってしまいます。

濃密過ぎる6分間。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

いつギブアップしてもおかしくない状況の連続。

鈴木みのるのプロレス人生で今が一番強いと思っていましたが、あそこまで勝ちにこだわるプロレスを見せ、棚橋を圧倒するとは思いませんでした。

 

歩くこともままならない状況で、棚橋の逆転勝ちを想像できた方はどのくらいいたでしょう。

もしあのままみのるが勝っていたら、全勝優勝だってしてしまいそうな勢いだったと思います。

しかし、そうはならなかった。

 

棚橋も勝ちに拘ったプロレスをしたから

 

あれを奥の手として最初から考えていたのか、咄嗟に身体が反応して繰り出したのかは分かりません。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

なぜ、棚橋が繰り出した逆回転のドラゴンスクリューが、禁じ手と言われたのか?

 

通常のドラゴンスクリューは相手の足を持ち、相手の内側に回転し膝へダメージを与えます。

掛けられた相手も内側に回転することで膝のダメージを軽減します。

ロープ越しで行うドラゴンスクリューは、回転して受け身が取れないので、膝へのダメージが大きいと言われてます。

 

一方、逆回転のドラゴンスクリューは文字通り相手の外側に回転して出す技です。

いや、技と認定していいのか…

通常、人は体の内側に回転できても、外側には上手く回転できません。

そして膝も外側には全く稼働しません。

曲がらない方へ回転の遠心力をかけられた膝は、バキッと悲鳴を上げたことでしょう…

 

私の見解はロープ越しのドラゴンスクリューより、遥かに危険な技だと思っています。

 

 

結果、棚橋弘至の大逆転勝利。

しかし、両者の膝の具合が心配です。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

私のG1優勝予想のキーとなる試合が終わり、予想通りの展開になりました。

鈴木みのるをG1優勝に推す理由…G1クライマックス

 

もし、本当に鈴木みのるがG1を優勝したら、逆回転のドラゴンスクリューをくらった借りを返しに、棚橋を挑戦権利書の防衛相手に指名するかもしれません…