優勝候補がまさかの連敗!?開幕2連敗でもG1優勝可能か?

真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』




G1クライマックスのAブロックは、優勝候補のオカダカズチカと鈴木みのるが連敗スタートという大波乱の2戦目となりました。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

他にもYOSIH-HASHIが連敗スタートになりましたが、Bブロックも不吉な予感がしてきました。

 

Bブロックで敗戦スタートとなった選手は…

 

矢野通 ジュース・ロビンソン 内藤哲也 SANADA ザック・セイバーJr.

 

ちなみに昨日のブログで優勝予想を覆した内藤哲也だって、十分2連敗する可能性があります。

次の後楽園で闘う相手は、石井智宏

昨年はシングルマッチで2敗している相手です。

もし本当に負けたら、飯伏幸太が予想する内藤失速説への注目度もアップするでしょう。

 

 

そして、気になるのが開幕2連敗して優勝することはできるのか?ということ。

勿論、物理的には可能でしょうが、ライバル達が連勝を積み重ねたら、逆転することは容易ではありません。

ちなみに昨年優勝した内藤哲也は7勝2敗で決勝戦進出、一昨年優勝したケニー・オメガは6勝3敗で決勝戦進出しています。

おそらく優勝決定戦進出ラインは3敗まで。

 

では、過去に連敗スタートから優勝した選手はいたのでしょうか?

 

2010年以降のG1クライマックスで、たった一度だけ2連敗から優勝した選手がいます。

 

 

それは、2013年のG1覇者…

 

 

内藤哲也

出典:新日本プロレスリング:HP

 

このとき裕二郎と飯伏に負け2連敗スタートとなりました。

ちなみに現在海外の某団体にいる中邑真輔も、連敗スタートしています。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

結局、リーグ最終戦を終え5勝4敗で5人並んだ2012年のBブロックでしたが、直接対決で上回った内藤哲也が決勝戦にコマを進め、見事優勝を果たしました。

 

 

だから、オカダが2連敗したからと言って、みのるが連敗スタートしたからと言って、優勝の可能性がなくなったわけじゃありません。

 

それは内藤哲也だって同様です。

もし内藤が次の公式戦で負けても、内藤の優勝を諦める必要はありません。

トランキーロじゃいられないかもしれませんが、もっとリーグ戦が面白くなる、内藤哲也なら面白くしてくれるだろうと期待していいと思います。

 

今年の夏はBE A SURVIVERです。

つまり、最後の最後まで諦めずもがき続けた者だけが、生き残れるということです。