1・4東京ドームのジュニアタッグ選手権が3WAYになった理由

“独り言考察”




昨日の公開記者会見にて、1月4日『WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム』の豪華追加カードが発表されました。

 

対戦カードはご覧の通りです。

 

IWGPインターコンチネンタル選手権

クリス・ジェリコ vs 内藤哲也

 

IWGPジュニアヘビー級選手権

KUSHIDA vs 石森太二

 

IWGPジュニアタッグ選手権3WAYマッチ

金丸&デスペラード vs SHO&YOH vs BUSHI&鷹木

 

スペシャルシングルマッチ

オカダカズチカ vs ジェイ・ホワイト

 

1Fスタンド席、2Fスタンド席はまだ余裕がありそうなので、観戦をご検討中の方は新日本オフィシャルHPをご覧ください。

 

 

ところで、皆さんはこの豪華カードを見てどう思いましたでしょうか?

 

私の第一声は『ジュニアタッグは3WAYなんだ』でした。

心の声が漏れてしましたが、決して悪意があった訳ではありません。

純粋に“なぜ3WAYになったんだろう”という疑問です。

 

私の反応以上にSNSのタイムラインは、賛否両論意見が出ていました。

 

▪︎また3WAY

▪︎ジュニアタッグリーグで優勝した意味ってなんだろう

▪︎BUSHI&鷹木組が挑戦できる理由がわからない

 

そもそも昨年までのトーナメントがリーグ戦に変わり、優勝チームにどんな恩恵があったのか?

新日本の公式HPを調べたところ、“優勝チームは東京ドームで現チャンピオンに挑戦できる”なんて記載はありませんでした。

 

しかし、年末直前にやるジュニアタッグリーグの勝者が、タイトルへ挑戦できると思うのは至極当然なことかもしれません。

ましてや、東京ドームと優勝決定戦が全く同じカードになってしまった以上、批判の声が挙がるのも無理はないでしょう。

 

では、なぜ東京ドームのタイトルマッチが3WAYになったのか?

なぜ、優勝決定戦と同一カードにしなければいけないのか?

なぜ、BUSHI&鷹木組が3組目の挑戦者になったのか…

 

一言で説明できませんが、私なりに考察してみました。

 

まず、大前提にIWGPジュニアタッグ選手権は…

最強のチームを決める闘いでなくてはならないということ

 

今それに該当するチームは、この2組でしょう。

 

▪︎現王者チームの金丸&デスペラード組

 

▪︎リーグ戦覇者のSHO&YOH組

 

しかし、この2組は今年の6・9大阪城ホールでタイトルマッチを行なっています。

つまり、最強を決める闘いは半年前に行われているということ。

 

前回のタイトルマッチと同じ対戦カードであれば、これも批判の的となるリマッチということでしょう。

このままでは、説得力に欠けると考えたのではないでしょうか?

 

では、最強のタッグチームを決める説得力とは何か?

 

この2チームに遜色ない実力と結果を残したチームを加えること

 

その場合の選択肢となると、ジュニアタッグリーグの勝点同率首位である、BUSHI&鷹木組になるでしょう。

恐らくここで、3WAYという選択肢が生まれたと考えられます。

 

 

仮に1・4東京ドームで3WAYじゃなく、現王者リーグ戦覇者のタイトルマッチが決まったとします。

この時、チャレンジャーのSHO&YOH組が勝ったらどうなるでしょうか?

間違いなくロスインゴの2人が、タイトルマッチを要求することでしょう。

リーグ戦でロッポンギ3Kに、ロスインゴの2人は勝っているのですから。

 

これでは東京ドームのタイトルマッチが、最強のタッグチームを決める闘いにならないのではないでしょうか?

 

では、3WAYで闘った場合、次の挑戦者はどのチームになるでしょう?

ジュニアタッグリーグの勝敗を考慮すれば…

 

金丸&デスペ組勝利 → 田口&ACHが挑戦

SHO&YOH組勝利 → 田口&ACHが挑戦

BUSHI&鷹木組 → ライガー&タイガーが挑戦

 

恐らく、東京ドームで3WAYを闘ったチームは、すぐには挑戦しないと思っています。

つまり…

2019年のNEXTチャレンジャーは目新しいチームになる

 

2019年の挑戦者も考慮に入れた上で、誰もが認めるチャンピオンチームを決めるために、最強の3チームでベルトを争う必要ある。

だから、もっとも強い3チームで1番を決めるために、3WAYという選択肢しかなかったのではないでしょうか。

 

 

現時点でロッポンギ3KのSHO&YOHは、スーパージュニアタッグリーグ覇者という称号しかありません。

もしかしたら、これはロッポンギ3Kへの試練…

リーグ戦で負けたロスインゴチーム現チャンピオンを倒してIWGP王者となったら、ジュニアで一番のタッグチームはどのチームと言えるでしょうか?

 

必ず胸を張って言えるはずです。

 

“俺たちが最強のチャンピオンだと”