【トペブロ】プチ対談実現!?メイ社長の口から出た意外な言葉とは…

雑感




この日、メイ社長は『トペスイシーダプロレスブログ』ブロガーと初めて対面することになりました。

陽気なメイ社長は何を語ったのか。

その口から出た言葉は、意外過ぎる言葉でした。

 

 

私は月1回ほどのペースで、後楽園ホールで行われる新日本プロレスの生観戦を楽しんでいます。

前回行ったのは11・30後楽園大会で、『ワールドタッグリーグ2018』(以下WTL)の真っただ中。

会場入り口にはWTLのトロフィーが飾られ、1リーグで展開される公式戦は例年以上の盛り上がりを見せています。

 

最近観戦時の恒例となっているのが、メイ社長との撮影会。

恐らく平日開催の後楽園大会には足を運んでいると思われます。

多忙な社長業とプライベートの合間を縫ってのプライスレスなサービスは、後楽園で観戦するファンの楽しみのひとつになっていることでしょう。

 

右に映るトナカイが私です。

この時は珍しく10人程度しか並んでいなく、すぐにお会いすることができました。

撮影はスタッフの方が対応してくれて、メイ社長からは社長認定サポーターステッカーが貰えます。

 

左が第一弾のシール。

こちらの在庫がなくなったので、右の第二弾シールが配られるようになりました。

少し小振りになりましたが、シルバーラメベースでいずれもセンスが感じられる格好良いデザインです。

 

実はメイ社長との写真撮影は、今回で3回目。

不定期に更新されるコラム『ハロルドの部屋』で、トペスイシーダプロレスブログ(トペブロ)を紹介していただいてから初めての対面になります。

 

つまり、メイ社長にとって『トペブロ』ブロガーの私と会うのは、初めてということ。

 

私にとってトペブロを紹介していただいたことは事件でしたから、素性を明かすことに大変緊張していました。

※メ=メイ社長のことです。コバ=私

私『トペブロ、コバです』

メ『おぉ、コバさん!はじめまして』

私『実は3回目です』

メ『それは失礼しました。コバさん、私は勇気を貰いました!』

私『勇気?』

メ『そぅ、勇気です♪』

 

『私は勇気を貰いましたよ』

 

正直、会話の半分はうる覚えですが沢山おしゃべりさせていただきました。

話したことがある方はご存知だと思いますが、メイ社長の日本語は実に流暢で、第一言語が日本語だと言われても納得するレベルです。

(私の方が片言だったことは内緒)

この日私が後楽園を訪れることもご存知で(ブログに書いていたので)、ブログで提案したことについてもメイ社長の意見をいただきました。

 

そして何より驚いた言葉が、私のブログから勇気を貰ったということ。

正直、他人事なら客観的にその意味を考えられますが、自分のことになるとどうしても主観的になりがちです。

 

私のブログからどんな勇気を貰い、どんな決意を固めたのか…

 

このメイ社長の言葉を、私は敢えて考えないことにしました。

また次回『勇気』ついて直接聞ければと思います。

 

今回の一件で改めてメイ社長がSNSをチェックし、ファンの意見に目を通していると実感しました。

全ての要望に応えられる訳ではありませんが、変えれる所から確実に改善しています。

 

大会前に貼られるポスターと当日出場する選手の相違も、早速対処してくださいました。

 

一部、『選手と不仲説』というゴシップが出ましたが、そもそも遠征と練習に明け暮れる選手と、多忙な社長業をこなすメイ社長との接点は少ないでしょう。

 

菅林会長が社長業から降りたのが2013年。

今年メイ社長が就任するまでの5年間で、2人社長職に就いています。

長くて3年という短い期間で、選手と社長が密接な関係を築けたかどうかの方が疑問です。

ゴシップが出るということは、それだけ注目度も影響力もあるという証しでしょう。

 

話が逸れましたが、いつか『ハロルドの部屋』に呼んでいただき沢山お話しする機会があったらいいなと思っています。

撮影会で話せる時間も限られるので。

え、『ハロルドの部屋』はゲスト制ではない?

それは失礼しました。

『徹子の部屋』と勘違いですね(汗)

でも、メイ社長の座談会とかあったら是非参加したいです。

 

今後も『メイ社長公認プロレスブログ』を目指して頑張りたいと思います。

 

【PS】

メイ社長へ

今回のプロレス観戦の直前に所用で実家に帰ったので、地元の名産品をお渡ししました。

それが何なのか説明する余裕が無かったので、ヒントを公開します。

 

BUSHI選手のTwitterに、たまに出現するこの生物。

最近、都内での雑貨屋さんでもインテリアとして様々な種類を見かけました。

もしかしたらバズるかもしれません。

答えが知りたければ、是非BUSHI選手に聞いてみて下さい♩