内藤哲也が目星をつけたテーマとは“ドミニオン”へ通じる道となるのか

“独り言考察”



『まあリングでも言ったけど、そうは言いつつももう目星はついてるんだよね

引用:新日本プロレス

 

Road to レスリングどんたく』シリーズ開幕戦で、マイクパフォーマンスをした内藤哲也

今シリーズ、ロスインゴのメンバーの中で自分だけテーマがない事を自虐ネタにした内藤ですが、実は次のテーマは見つかっていると公言しました。

 

内藤のテーマはなんなのか、多くのファンがその言葉に妄想を膨らませていることでしょう。

恐らくこのテーマが、新日本プロレス上半期の総決算“ドミニオン”に通じる道になると思っています。

 

つまり…

内藤が誰を(何を)ターゲットにするのかということ

 

とは言っても何もヒントがない状況で答え探しは難しく、昨年のレスリングどんたくからドミニオンまでどのようにタイトルマッチが決まり何が起きたのかを、おさらいしようと思います。

 

【2018年】

レスリングどんたく

▪後藤洋央紀が出場した6人タッグマッチ後にタイチが急襲

▪内藤が出場した10人タッグマッチ終了後、花道からクリス・ジェリコが急襲

IWGPジュニアヘビー選手権後、石森太二登場

IWGPヘビー級選手権後、王者のオカダカズチカが次の挑戦者にケニー・オメガを指名

 

ドミニオン

IWGPジュニアタッグ選手権

金丸義信&エル・デスペラード vs SHO&YOH

NEVER無差別級選手権3WAYマッチ

後藤洋央紀 vs マイケル・エルガン vs タイチ

IWGPタッグ選手権

SANADA&EVIL vs ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン

IWGPジュニアヘビー選手権

ウィル・オスプレイ vs 髙橋ヒロム

▪︎IWGPインターコンチネンタル選手権

内藤哲也 vs クリス・ジェリコ

IWGPヘビー級選手権

オケダカズチカ vs ケニー・オメガ

※昨年のドミニオン主要カードです

 

昨年を振り返ると5月のレスリングどんたく福岡大会で、主要カードの対戦相手が決まっています。

この後すぐベスト・オブ・ザ・スーパージュニアが始まり、シリーズ終わって息つく暇もなくドミニオンが行われるので、今年も殆どの主要カードがレスリングどんたく最終日(5月4日)に決まることでしょう。

 

そいう意味でいうと、実力者の多くが今シリーズ中にシングルマッチを組まれているという事実に、注視する必要があります。

 

▪︎IWGP USヘビー級選手権

ジュース・ロビンソン vs バッドラック・ファレ

▪︎IWGPインターコンチネンタル選手権

飯伏幸太 vs ザック・セイバーJr.

▪︎スペシャルシングルマッチ

後藤洋央紀 vs ジェイ・ホワイト

▪︎NEVER無差別級選手権

ジェフ・コブ vs タイチ

▪︎スペシャルシングルマッチ

石井智宏 vs EVIL

▪︎IWGPヘビー級選手権

オカダカズチカ vs SANADA

※開催日の早い順から

 

内藤の目星とはこの中の誰かなのか、それとも…

 

ここはUSヘビーとインターコンチのタイトルマッチが行われる4・20愛知大会まで、トランキーロで見守ろうと思います。

 

【お知らせ】

昨日行われた『Road to レスリングどんたく』高崎大会と、本日行われる山梨大会ですが、NJPW WORLD(ライブ&オンデマンド配信)で後日配信される予定になっています。

 

また、Twitterのタイムラインを見る限り、昨夜のメインイベントはEVILのマイクパフォーマンスで締められたようです。

 

いつも通りなら大会翌日、つまり4月15日の本日正午頃、配信が行われると思われます。

 

本日の山梨大会のメインも、CHAOS対ロスインゴの10人タッグマッチ。

今夜は誰のマイクが聴けるのか…