KENTAと黒潮イケメン二郎がNOAHを選んで欲しい理由

“独り言考察”



「アメリカで一番でかい団体でチャンピオンになりたい」という目標を目指すべく、所属していたWRESTLE-1(レッスルワン)を退団した黒潮イケメン二郎

アメリカで一番でかい団体を辞めて国内へ復帰が待たれるビデオ・イタミことKENTA

 

前者は世界一の団体でチャンピオンになるために、国内のメジャー団体に活躍の場を移すことでしょう。

海外で地道に活動するより、日本のメジャー団体で試合をする方が夢への近道だと思っています。

目的が世界一の団体に入団することではなく“チャンピオン”になることなら、日本で名実共に実力をつけるべきです。

 

一方、後者は年齢的にも経験値でもどの団体へ入団しても主役になれることでしょう。

自分を一番欲してくれる団体へ行くかもしれません。

 

お互い目指す目標は違えど、選ぶホームは国内メジャー団体のいずれかでしょう。

NOAHか全日本か新日本か…

 

知名度を上げ世界一の団体に行ける可能性が最も高い団体は、新日本プロレスでしょう。

最近KUSHIDAが契約したばかりですし、内藤哲也を含め何人かの選手に声がかけられています。

 

そして、今年になって主力選手が何人も退団した新日本は、KENTAを狙っているかもしれません。

来年のダブルドーム大会成功へ向け、一声も掛けてないとは考え難いです。

 

そう考えるとイケメン二郎もKENTAも、新日本入団が最有力と考えられます。

新日本の多くのファンも2人の入団を期待しているでしょう。

 

しかし、私は2人が入団すべく団体は新日本ではないと思っています。

正確には、新日本以上に2人を必要とする団体があるということ。

 

では、全日本プロレスと言われればそれも違います。

新日本に比べ観客動員数はまだまだ少ないのが現状です。

しかし、主力選手は揃いある意味完成された団体で、必要な“コマ”は実力のある主力級の選手よりこれからを担う若手でしょう。

団体のカラー的にも2人は異色だと思っています。

 

ということは2人に入団すべき団体、2人を最も必要とする団体は…

新生NOAH

新しく生まれ変わったNOAHは、有能な選手にも恵まれ伸び代しかない団体です。

そして、魅力ある試合を見ることができます。

 

試合の質に関して言えば、3団体とも差はないでしょう。

今NOAHに足りないのは、知名度のある選手の加入。

清宮海斗や中嶋勝彦など魅せれる試合ができる選手はいますが、それに続く選手があまりいない印象です。

なにより選手層が薄いのが問題でしょう。

 

全日本は他団体の選手の参戦も多く、メジャー3団体の中で一番選手の起用仕方が効率的です。

結局のところ、全日本でも新日本に行っても埋もれる可能性があるということを危惧しています。

 

とは言っても最終的に2人が新日本を選んだら、今まで以上に盛り上がることは間違いありません。

2人が新日本のリングに上がるところを見たくないかと言われれば、勿論見たいと答えます。

 

ただ、新日本に次ぐ業界2位を目指すなら、本気でKENTAとイケメン二郎を獲得して欲しいと願うばかりです。

NOAHには新日本や全日本にはない魅力があります。

具体的に言葉にすることは難しいですが、抽象的な言葉で言えば…

 

“プロレスに色気と棘がある”

 

新生NOAHは今後、着実に大きくなることでしょう。

ただ急激にとは難しいのが、プロレスというマイナーコンテンツの難しいところ。

折角の勢いを後退させない為にも、知名度のある選手加入という起爆剤が欲しいと願うばかりです。

 

【お知らせ】

ただ今NOAHは、グローバルタッグリーグの真っ最中です。

NOAH公式YouTubeチャンネルにて一部公式戦を配信中です。

気になる方はご覧になってください。