【追記】新日本が1日限りの“ダブル選手権”実施に向けての緊急アンケートを実施

“独り言考察”



日正午、新日本プロレス公式LINEアカウントから緊急アンケート通知がきました。

 

昨日の大阪大会でIWGPインターコンチネンタルのベルトを防衛したジェイ・ホワイト

試合後、1・4東京ドームでは防衛戦を行わずIWGPヘビー級選手権の勝者に挑戦したいとアピール。

この挑戦に合意を得るべくオカダカズチカ飯伏幸太を呼び込むも、現れたのはタイチとの激闘を制した内藤哲也でした。

 

『インターコンチネンタル王座と、IWGPヘビー級王座を同時に保持すること。

この史上初の偉業を成し遂げるのは……俺だ。

そのインターコンチネンタル王座、申し訳ないけど…返してもらおうか

引用:新日本プロレス

 

この後、飯伏も現れ2冠に同意。

しかし、唯一2冠に否定的なオカダを呼び込みました。

この呼びかけにやっと現れたオカダが、禁断のファン投票を提案しました。

 

なぜ、禁断なのか。

ファン投票と言えば、メインイベントの対戦カードをファン投票で決めた2014年の1・4東京ドーム大会です

事前のアンケートによりIWGPヘビー級選手権は実質のセミファイナルに格下げ。

棚橋弘至中邑真輔のインターコンチネンタル選手権が、メインイベントを飾りました。

 

この時セミに格下げされた2人が、オカダと内藤の2人。

あの悪夢のファン投票を、当事者のひとりであるオカダが提案したという皮肉です。

 

 

の新日本からのアンケートは、「YES」「NO」の2つ。

「あなたは、IWGPヘビー級王座、IWGPインターコンチネンタル王座の“ダブル選手権”が観たいですか?」

 

ダブル選手権が見たいかどうかのアンケートです。

期限は明日(11月5日)正午12時までの1日限定。

新日本LINE公式アカウントの登録は、こちらの公式サイトから登録ができます。

 

昨日の大阪大会の観客の反応は半々でした。

SNSの反応も完全に割れています。

 

恐らく、明日の15時にファン投票の結果を反映した1・5東京ドームのメインイベントのカードが発表になることでしょう

もし「YES」の投票が多ければ、1・5東京ドームのメインは1・4東京ドームのIWGPの勝者とインターコンチの勝者が闘うことになりそうです。

 

是非皆さんも新日本公式アカウントから「あなたの意志」を投票してください。

 

【追記】

本日早朝、NJPW WORLDオフィシャルホームページにて15時からの記者会見が発表になりました。

 

今回の会見で、東京ドーム大会両日のメインイベント①と②が発表になるのでしょう。

つまり…

【1・4東京ドーム】

メイン① IWGPインターコンチネンタル選手権

メイン② IWGPヘビー級選手権

 

【1・5東京ドーム】

メイン① スペシャルシングルマッチ 棚橋弘至 vs クリス・ジェリコ

メイン② ファン投票結果に基づくタイトルマッチ

※メイン②の方が最後の試合

 

あくまで憶測ですが、1・5東京ドーム大会のメイン②はIWGPヘビー級とインターコンチのダブル選手権か、IWGPヘビー級選手権にインターコンチ王者が挑むのどちらかになるでしょう。

恐らく後者の場合は、インターコンチのベルト異動は無いということ。

つまり、飯伏幸太のみが2冠達成の可能性がなくなるということです。

 

もし、投票が「NO」が勝り1・5東京ドームでダブル選手権が行われないとなれば、飯伏のオカダに対しての感情はどうなるか。

もしかしたら、今後の前哨戦が敵意剥き出しになるかもしれません…

 

あくまで憶測なので、どうなるかは今日の会見次第。

注目の会見は15時00分から。

そして投票も本日の12時00分まで有効です。