エル・デスペラードはスーパージュニアを闘えるのか?

BEST OF THE SUPER Jr.




スリングどんたく』シリーズが終了して始まる次期シリーズは、ジュニアの選手が1年で最も輝く…

 

ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア

※以下BOSJまたはスーパージュニア

開幕前日には公開記者会見もあります。

前回のWORLD TAG LEAGUE、NEW JAPAN CUPは選手達が集まった記者会見はありませんでした。

数少ない選手達の正装を楽しみにしているファンも多いことでしょう。

 

しかも、今年はスーパージュニア全試合ライブ配信が決定しています。

こちらも兼ねてから待ち望んだファンは多かったことでしょう。

 

実は昨年、メイ社長に“BOSJ全試合ライブ配信”をお願いしていました。

その時はちょっと難しいですという反応でしたが、まさか実現することになるとは…

 

 

んなスーパージュニアですが、ひとつ心配事があります。

それは…

エル・デスペラードは闘うことができるのかどうか

 

勿論、スーパージュニアに参戦は決定していますし、どこか怪我をしている訳ではありません。

私が心配しているのは、デスペラードが絶対負けたくない相手がいるのかどうかということ

闘うための闘志が燃え上がるのかどうかを心配しています。

 

 

平成最後の興行となった4・30鹿児島大会で、デスペラードはこんな発言をしています。

『この次の「SUPER Jr.」はよ、引っ張ってきた“タイムスプリッター”っちゅうヤツと、人気のない“タイムスプリッター”の対角で、人気を爆発させた“TIME BOMB”と、そのふたつがいない。

ふたつがいない……。顔役がいない「SUPER Jr.」が……「SUPER Jr.」……

ジュニアって言ったらよ、お前なんだろ? なんとかしてみたらいいんじゃないか……

引用:新日本プロレス

 

デスペラードが公言していた絶対負けたくない相手と言えば、今年新日本を退団したKUSHIDAであり、怪我で長期欠場中の髙橋ヒロムです。

そんなライバル2人がいないBOSJで獣神サンダーライガーに刺激を求めるのは、不思議なことではありません。

 

スーパージュニア前の5・7タカタイチマニアで、シングルマッチを行う葛西純相手に燃え尽きてしまう可能性だってあります。

もしかしたら楽しみな相手がいないスーパージュニアを見越して、“デスマッチのカリスマ”葛西に刺激を求めたのか…

 

例年にない豪華メンバーですが、デスペラードは“新日本ジュニアの顔がいない”ことも危惧しています。

優勝予想は偏る可能性があっても、応援した選手は散らばるのではないでしょうか。

 

KUSHIDAもヒロムもライガーもいない今年のスーパージュニアは、誰になるのでしょうか?

私はデスペラードが今年のスーパージュニアの顔になることを願っています。

そして、デスペラードに『クッソ楽しみだ!』と言わすほどの猛者の出現にも期待したいです。

 

BOSJ初となる最多20人の選手が参加するリーグ戦は、ジュニアの新時代を魅せてくれるでしょう。

※この時点では何ブロックかは分かりません

どんなブロック分けになるのか、いつ発表になるのか気になるところです。

 

多くの選手が、ヒロム復帰時にIWGPジュニアチャンピオンとして君臨していたいことでしょう。

令和最初のスーパージュニアを制するのは誰になるのか…

 

【お知らせ】

BOSJの後楽園大会3連戦の3日目のチケットが、早くも売れ切れになっています。

ファンの期待値も高いのでしょう。

立見券は本日よりローソンチケットにて発売中。

スーパージュニア観戦予定の方、行くかどうか迷っている方は、早めのチケット購入をお勧めします。