ジュースとモクスリーのUSヘビー戦が決定!両国前に急襲の可能性は…

“独り言考察”




昨日、プロレスファンの話題をさらったジョン・モクスリーの参戦表明。

“謎の男”の正体をモクスリー自ら明かすというサプライズがありました。

 

6・5両国国技館大会に登場するのはほぼ間違いないでしょう。

あとは、いつジュース・ロビンソンとモクスリーの対戦カードが発表になるか…

 

そんなことを考えている内に、新日本プロレス公式Twitterから緊急記者会見がアナウンスされました。

 

会見冒頭では菅林会長からジュースとモクスリーのIWGP USヘビー級選手権が、6月5日の両国国技館で行われると説明がありました。

ちなみに両国前にジュースの対戦カードに変更はなく、前哨戦は無いことになります。

 

続いてUSヘビー級チャンピオンであるジュースが登場。

 

会見では新日本に入る前の団体で、ディーン・アンブローズと名乗っていたモクスリーとの友情に付いて語っていました。

モクスリーを先輩としてしたっていましたが、突然他団体に移籍してしまい、ジュース自身も新日本に活躍の場を移したとのこと。

会見の最後には、いつもの陽気なジュースではなく真剣に闘いモクスリーを倒すと約束しました。

 

気になるのは、ヴィラン・エンタープライゼスとの関係性が生まれるかどうか。

マーティー・スカルはモクスリーの動向を気にしています。

 

以前の記事でも書きましたが、5・30大阪大会と6・3岡山大会でヴィラン・エンタープライゼスとの試合が組まれていることを疑問に思っていました。

もし、モクスリーがマーティーの言う4人目のメンバーなら、5・30大阪大会に現れるかもしれません。

試合が行われる大阪市中央体育館・サブアリーナは、暗転で会場を真っ暗にすることができます

 

AEWの旗揚げ興行でも観客席から登場し、クリス・ジェリコとケニー・オメガを襲いました。

これだけ話題を振りまいたモクスリーが、両国にだけ現れ大人しく試合するとは思えません。

 

果たしてジョン・モクスリーはヴィラン・エンタープライゼスに加入するのか。

そして5・30大阪大会で、ジュースを急襲しに来るのか…