対戦カードに違和感?イギリス初のビッグマッチで事件勃発か

“独り言考察”



現地時間の8月31日、ロンドンで行われるイギリスでは初となる新日本プロレスのビッグマッチ『NJPW Royal Quest』

一夜明け会見で全対戦カードが発表となりましたが、予想通りと予想外の結果となりました。

 

 

クライマックス最終日に、鈴木みのるオカダカズチカをゴッチ式パイルドライバーでノックアウト。

リング上でオカダが持つIWGPヘビーのベルト挑戦を要求しました。

『オイ、新日本プロレスよ!

今度はごまかすなよ。

オイ、新日本プロレスよ!

今度は逃げるなよ。

俺は逃げも隠れもしねえぜ。なんでかっていうと俺、プロレス界の王だからな』

引用:新日本プロレス

 

ここまでの展開は予想通りです。

 

プロレスラーである以上、真面目に順番待ちしていてはチャンスは訪れません。

 

G1に出場できなかった鈴木みのるが、G1最終日にタイトルマッチを要求という展開に、武道館は大歓声の盛り上がりをみせました。

ロンドンのメインイベントはオカダとみのるのIWGPヘビー級選手権、セミファイナルはザック・セイバーJr.棚橋弘至のブリティッシュヘビー級選手権が行われます。

前回の記事の考察通りの結末なら、今大会は鈴木軍の大会になる可能性もあるでしょう。

 

 

だし、メインとセミのカードばかりに目が行き、大会全体を俯瞰していませんでした。

第1試合からメイトまでの全8試合に、鈴木軍のメンバーが2人しかいません。

勿論、試合が組まれていなくとも鈴木軍の他のメンバーがセコンドに着く可能性もあるでしょう。

 

しかし、今大会はイギリス・ロンドンで行われます。

仮に試合に出場しない鈴木軍のメンバーが渡英したとしても、ほんの数名でしょう。

 

鈴木軍の反比例するように、なぜかあるユニットのメンバーが多いことに気づきました。

そのユニットとは…

BULLET CLUB

 

この日試合が組まれているバレットクラブのメンバーはご覧の通りです。

 

第2試合

ヒクレオ、高橋裕二郎

第3試合

エル・ファンタズモ、石森太二

第4試合

チェーズ・オーエンズ、ジェイ・ホワイト

第5試合

タンガ・ロア、タマ・トンガ

第6試合

KENTA

 

試合に出場するメンバーだけで、総勢9人。

この数は同大会に出場するCHAOSメンバー6人を大きく上回る数字です。

 

バレットクラブで試合に名前のないレスラーは、バッドラック・ファレ邪道外道の3人。

IWGPタッグ選手権を行うG.O.Dのセコンドに付くため、邪道はイギリス大会に帯同する可能性があります。

ジェイの出場がある以上、外道も同様です。

もし邪道も外道も渡英するとなれば、ファレだけ試合会場に現れないのは疑問が残ります。

 

 

の日、第6試合でNEVER無差別級選手権が行われます。

王者石井智宏の相手は、G1で別ブロックだったKENTAです。

 

G1最終日にタッグを組んでいた石井とYOSHI-HASHIを裏切り、バレットクラブ入りを果たしたKENTA。

この一件だけでNEVERのベルトに挑戦できることを不満に思ったファンも多いと思います。

 

しかし、挑戦者にはKENTAが選ばれました。

いや、あの行動で石井を怒らせイギリスでタイトルマッチが組まれたことは、KENTA にとって予想通りの展開だったのかもしれません。

 

KENTAが石井にgo 2 sleepを見舞ったあの日、石井はこんな発言をしていました。

『くだらねぇなぁ、オイ!やり方がくだらねぇんだよ!

BULLET行くなら最初から行けよ、この野郎!

2対4でやってやるよ!やり方がくだらねぇよ!

KENTA!コレがテメェのプロレスかオイ!くだらなすぎるんだよ!

BULLET! テメェらも一緒だ!』

引用:新日本プロレス

 

もしかしたらこの石井の言葉をバレットクラブの面々が真に受け、イギリス大会では大変な事件が起こってしまうのではないでしょうか。

あくまで憶測ですが、NEVER無差別級選手権は大荒れな試合展開になると予想しています。

KENTAがバレットクラブ入りし、今までと同じようなスタイルで闘うとは思えません。

試合終盤ファレが乱入し、石井を強襲する可能性もあるのではと考えています。

 

そして、事件はIWGPヘビー級選手権でも起こるかもしれません。

試合中なのか試合後なのか分かりませんが、バレットクラブがリングを占拠する可能性だってあるでしょう。

 

イギリス大会はバレットクラブにとって、革命記念日になるかもしれません。

 

 

【お知らせ】

NJPW WORLDで後日配信されるとアナウンスがあったイギリス・ロンドン大会ですが、FITE TVでライブ配信が決まりました。

 

ロンドン大会を視聴するにはPPVの購入(約3,000円)が必要ですが、ライブ配信で見たいという方には選択肢の一つになるのではないでしょうか。

 

以前、RPWのオンデマンドサービスに登録しましたが、試合がライブ配信されることはありませんでした。

異国の地で試合をライブ配信することは、環境が整う場所でなければ、難しいのかもしれません。

いつかはどの試合もワールドでライブ配信されるよう期待しています。