デストラクションのカード発表で気になる対戦は、飯伏対オスプレイ!?

“独り言考察”




先日、DESTRUCTIONシリーズのカードが発表になりましたが、その中で個人的に気になるカードが2つあります。

 

1つは9・17別府ビーコンプラザ大会のメインとなる…

 

内藤哲也 vs 鈴木みのる

出典:新日本プロレスリング:HP

 

次のシリーズで、唯一のスペシャルシングルマッチです。

この2人の対戦は4・29熊本で行われたIWGPインターコンチネンタル選手権

内藤とみのるの初遭遇とあって、期待値もかなり高い一戦となりました。

 

ただし、今回はノンタイトルマッチ

みのるは前回負けているので、闘う理由があるでしょう。

『おい!内藤よ。よそ見してんじゃねぇよ。

てめぇとの決着はこれっぽっちもついてねぇんだよ。そうさ、これっぽっちもな。

内藤よ、なによそ見してんだよ。お前の首狙っているのは、あいつらだけじゃない。

もうお祭り騒ぎは終わりなんだよ。

おい、内藤…こっちを見ろ。オレを見よ。

このオレ…鈴木みのる。プロレス界の王が貴様のことを許すとでも思ったか。』

引用:新日本プロレス

 

では、内藤はどうか?

正直、勝って得るものが見えません。

 

鈴木みのるは連敗は出来ない状況で、負けは許されないでしょう。

内藤も東京ドームを見据えて、ここで負ける訳にはいきません。

それどころか、別府大会まで幾度も前哨戦があることから、古傷の膝が悲鳴を上げ欠場に追い込まれる可能性もあります。

 

勝者のメリットが分からないという意味で、もっとも気になる試合がこの一戦です。

シリーズが始まればその答えが見えてくるかもしれません。

その時何かが見えれば、新たな記事にしたいと思います。

 

 

 

そして、2つ目の対戦が私にとっての大本命です。

 

9・7後楽園大会のスペシャルタッグマッチ

9・13大阪大会のスペシャルタッグマッチ

 

両方ともメインイベントに組まれた同一カード…

 

 ウィル・オスプレイ&石井智宏 vs 飯伏幸太&ケニー・オメガ 

 

広島大会でのIWGPヘビー級選手権に向け連日前哨戦が行われますが、後楽園と大阪だけスペシャルタッグマッチが組まれています。

この試合の大きな意味合いは、石井とケニーのリアルな前哨戦

そして、再びコンビが組まれるゴールデン☆ラヴァーズに期待される方も多いでしょう。

 

しかし、私が注目しているのは…

 

オスプレイと飯伏の再戦

 

この2人ですが、過去何度かタッグマッチで闘っています。

直近だと6・4後楽園大会。

 

そして、4・6ROHニューオリンズ大会で行われた、SUPERCARD OF HONOR XII 。

 

2014年を最後にヘビー級に転向した飯伏と、2016年に新日本マットに上がったオスプレイ。

二人は元ジュニアヘビー級のチャンピオンです。

ジュニアの舞台でもヘビーの舞台でもシングルで闘ったことのない二人が、近い将来対戦するのではないかとと予想しています。

 

ヘビー級転向を匂わせるオスプレイ。

『ジュニアではできる限りのことはやったかもしれない』

引用:新日本プロレス

 

ベルト戴冠のためどんなチャンスでもモノにしたい飯伏。

まあ自分はウェイト的にはジュニアヘビーなんで、いつでもジュニアでもヘビーでもやりたいなと。

タイトルマッチをやりたいなと思います。

引用:新日本プロレス

 

夢のようなシングルマッチですが、闘う理由が表面化しなければ組まれることはありません。

 

次期シリーズで何度もタッグマッチが組まれている2人。

6・9大阪城ホール以来の来日となるオスプレイと、テーマが見えない飯伏の遭遇。

石井とケニーの前哨戦以上に、何かが生まれる気がしてなりません。

 

この二人のシングルマッチが組まれれば、タイトルマッチを超えるカードなるのではないでしょうか…