鬼神ライガーと鈴木みのるの一騎討ちはいつ?決戦は◯月◯日後楽園大会

“独り言考察”




の神戸大会も、昨年に引き続き大事件勃発でした。

 

海外を含む3つの道場からエントリーされたヤングライオン杯は、初めてとなる外国人選手優勝で幕を閉じます。

あと一歩優勝に手が届かなかった成田蓮は、LA道場でコーチをする柴田勝頼に弟子入り志願。

優勝したカール・フレドリックスに負けた海野翔太は、海外遠征を直訴しました。

 

メインイベントでは二冠を目論む内藤哲也が、同じく二冠を狙うジェイ・ホワイトに完敗。

介入も殆ど無かっただけに、ファンのショックも大きかったことでしょう。

試合後、後藤洋央紀が次の挑戦者に名乗り出て「二冠」争奪戦に加わることを宣言。

 

一番最初に二冠を口にした内藤でしたが、この敗戦で「二冠達成」への挑戦は最後尾に回ることになりました。

 

 

豊富な9・22神戸大会でしたが、多くのプロレスファンの意識は鬼神ライガーの降臨に目が向けられたことでしょう。

2012年6月に行われたIWGPジュニアタッグ選手権以来の降臨だったので、初めて目にしたファンも多かったと思います。

もう殆どプロレスを見なくなったオールドファンも、久しぶりの鬼神ライガー降臨のニュースに驚きを隠せなかったでしょう。

 

後はいつ、どこで、この2人のシングルマッチが組まれるか。

普通に考えれば10月の両国大会、11月の大阪大会、もしくは東京ドーム大会が考えられます。

いわゆる、ビッグマッチに行われるだろうという考え方です。

 

しかし、この2人の試合がビッグマッチで行われるべきでしょうか?

 

10・14両国大会は既にIWGPヘビー、IWGPジュニアヘビー、USヘビーのタイトルマッチが組まれています。

この日にライガーと鈴木みのるの試合が組まれては、メインイベントどころかセミファイナルすら難しいでしょう。

 

11・3大阪大会の対戦カードはまだ決まっていませんが、恐らくジェイと後藤のインターコンチネンタル選手権が行われると考えられます。

しかし、11月では沸点を超えたライガーの怒りが冷めてしまうかもしれません

「釘は熱い内に打て」ということわざの通りライガーの怒りが収まらない内に、ファンの関心がピークな内に、決戦が行われるのが理想でしょう。

 

では、いつ行われるのが理想なのか?

恐らく…

NEW JAPAN ROAD 10・7後楽園ホール大会

 

10月の両国大会の直前に後楽園大会が行われるのは珍しく、この興行の意味は以前の記事で記載しました。

 

本来ならこの2人の試合がメインイベントで組まれれば、両国国技館やエディオンアリーナだって満員にすることができるでしょう。

しかし、引退セレモニーや退団セレモニーは、通常“聖地”後楽園ホールで行われてきました。

東京ドーム大会でのラストマッチが決まっている以上、鈴木みのるとの因縁の一戦は後楽園ホールがベストなのかもしれません。

 

ここまできたら2人の遺恨マッチは避けられないでしょう。

後は鬼神ライガーが降臨するのか、バトルライガーで道場するのか…

 

 

後に

鬼神ライガーは髙橋ヒロムが闘いたかった“イニシャルK”です。

以前、『絶対に呼び起こす、イニシャルK。』と豪語していたのに、鈴木みのるに先を越されてしまいました。

最新のヒロムの日記でも、ショックを隠しきれない様子です。

 

ただし、ヒロムにとって大事なことは鬼神ライガーと闘うこと

呼び起こされた鬼神に会いに、後楽園ホールを訪れる可能性もあるのかもしれません。

 

恐らく明日(9月24日)行われるだろう会見で、10・7後楽園大会のメインイベントにライガーと鈴木みのるの一戦が発表されることを願うばかりです。