歴史が動く予感。後楽園ホール観戦中に気付いたこと

雑感



していたサプライズや事件がなかったものの、全て試合が白熱し充実した興行となった「NEW JAPAN ROAD」後楽園ホール大会。

久しぶりの1,700人越えの動員を記録したのは、組まれたカードによる期待の表れでしょう。

 

第三世代に闘志剥き出しで挑む上村優也

この日も昂ぶる気持ちが、一撃一撃にこもっていたことでしょう。

 

鷹木信悟と組まれたシングルマッチでは、後楽園の多くの観客がヘナーレを後押ししました。

ヘナーレの変化に会場を訪れたファンも何かを感じたことでしょう。

滅多にないチャンスで全力を出し切ったヘナーレに、覚醒の期待が膨らみます。

 

両国国技館大会まで待ったなしとなったのは、獣神サンダーライガー鈴木みのる

ここに来てライガーの本名を出すなど、最後のライガー戦に拘りを感じました。

残すは両国でのシングルマッチだけです。

バトルライガーとして闘うのか、それともマスクを脱いで闘うのか…

 

CHAOSとバレットクラブの一戦では、後藤洋央紀が好調をキープ。

両国大会でジェイ・ホワイトとのインターコンチネンタル選手権を決定付けるのかが注目でしょう。

東京ドームで二冠挑戦の可能性があり、近年の鬱憤を晴らすときがきました。

 

ロスインゴと鈴木軍のタッグマッチは、ベルトを失った内藤哲也をタイチがイジる展開に。

二冠を諦めないと語る内藤と、その内藤の言動が気になるタイチ。

試合後エプロンサイドで話していましたが、一体どんな会話をしていたのか…

 

デビュー20周年記念試合で、NEVER無差別級6人タッグ選手権に挑むことになった棚橋弘至とチーム“こっから”。

観客総出で応援ボードを掲げた光景に、この日ばかりはエースの顔も崩れます。

 

NEVER6人のベルト奪取で東京ドームへの道を作りたいところでしたが、矢野ワールドに屈してしまいました。

内藤同様、東京ドーム大会でのタイトルマッチに向けまたゼロからのスタートです。

 

 

インイベントはタイトルマッチ級のスペシャルタッグマッチ。

飯伏幸太&オカダカズチカ vs EVIL&SANADA

新日本らしい華がある4人の対戦となりました。

タッグマッチというより、シングルマッチを2試合同時に行うような迫力に、会場も割れんばかり観戦で選手を後押しします。

 

試合結果はご存知の通り、EVILが飯伏を下し後楽園ホールをダークネスに染め上げました。

この日際立ったのは、SANADAの溢れんばかりの自信

そして、EVILから放たれる情熱

 

試合後のEVILの一言で、歴史が動く予感を感じました。

『SANADA!東京ドームで勝負だ!』

 

今まで一度も動いたことの無い、IWGPヘビー級王座挑戦権利証。

過去このタイミングで殆ど敗れることのなかった、IWGPヘビー級チャンピオン。

昨日の試合後のバックステージから、両国大会後の2人の姿を想像してしまいました。

 

飯伏とオカダが敗れ、迷子が4人に増えてしまうのか…

全ては来週の両国国技館大会で決まります。

運良くまだチケットは売り切れてないそうです。

歴史が動くかもしれない瞬間に遭遇できるかどうかは、一歩踏み出せる勇気かもしれません。

 

 

【お知らせ】

昨日撮った写真はブログにアップした以外に、Twitterでもツイートしています。

試合前のIWGPヘビー級選手権の調印式の様子もアップしました。

気になる方はこちらもご覧ください。