NEW JAPAN CUP1回戦で海野翔太vs棚橋弘至が組まれた意味

雑感




とにかく、びっくりしました!

 

何がって、新日本からサプライズだらけの公式発表にです。

 

昨日(2月25日)様々な情報が解禁となりましたが、ニュージャパンカップ(以下NJC)がサプライズ盛り盛りで頭の中が整理できません。

ひとつずつ書き出して、サプライズを確認したいと思います。

 

1. 史上初!32選手によるトーナメント

なんと言っても一番の驚きは史上最多のエントリー人数です。

昨年より日程が3日増えていたので何かあるなと思っていましたが、まさか32人もエントリーするとは思いませんでした。

単純にシングルマッチが16+8+4+2+1で…

 

31試合!

 

ヤングライオンや初出場の選手も多いですが、誰と闘うかが意外と重要なんだと思っています。

特に棚橋弘至に胸を借りることになる海野翔太は、尊敬する先輩を信頼し全てをぶつけることができるでしょう。

 

海野はデビューして、もうすぐ2年になります。

 

そろそろヤングラインを卒業する時期になりますが、その前に今まで培った経験をすべて出し自分を試すチャンスを得ることができました。

これは大きな財産になると思っています。

しかも、前IWGPヘビー級チャンピオンとの公式戦です。

これ以上の相手はいないでしょう。

翔太が棚橋相手に、何を感じ何を盗むのか、そして後悔なく全力を出し切れるのかに注目したいと思います。

 

そして、海野がチャンスを得たということは成田蓮にもチャンスが巡ってくるかもしれません。

つまり…

成田のベストオブザスーパージュニア初出場

 

決して可能性はゼロではないと思っています。

 

 

2. ジュニアであるウィル・オスプレイ初出場

オスプレイがNJCに出場できた意味って、大きな1歩だと思っています。

旗揚げ記念日大会でのメインイベント出場も決まりました。

 

ジュニアの選手がNJCに出場するのは、2014年のデヴィット・プリンス以来。

今年出場枠が32人に増えたということは、来年も継続する可能性が高いでしょう。

NEVER無差別級チャンピオンの枠というだけではなく、ジュニアの出場枠として確保されれば、来年鷹木信悟髙橋ヒロムが出場し今までだったらあり得ないドリームマッチが組まれるかもしれません。

 

また、オスプレイの今後も気になるところです。

今はまだジュニアヘビー級を公言していますが、NJCである程度の成績を残せばヘビーに転向する可能性もあるのではと思っています

ジュニアでもヘビーでも実力を発揮することは証明されました。

これからの新日本プロレスの主役の一人になる選手だと思うので、今大会は結果が大切なんだと思います。

 

 

3. 1回戦の対戦カードが超豪華

ご存知の通り1回戦から出し惜しみない対戦カードが決定しました。

どの会場でも注目カードが揃いましたが、個人的に気になるカードはこちらです。

 

①3・8後楽園ホール

ジュース・ロビンソン vs チェーズ・オーエンズ

チェーズにとってヘビー級に転向して初めてのシングルマッチの公式戦出場ではないでしょうか。

普段タッグでは見せない動きに、注視したいと思います。

仮にジュースに勝てば、USヘビー級への挑戦の可能性も浮上することでしょう

 

②3・9愛知愛知県体育館

オカダカズチカ vs マイケル・エルガン

4年振りNJC出場のオカダと、今年こそ最強外国人の名を継承したいエルガンの対決はベルトだけないタイトルマッチとも言えるでしょう

過去オカダに勝ったことのないエルガンにとって、今度こそ越えたい壁です。

どちらが勝つのか…

 

③3・10尼崎市記念公園総合体育館

飯伏幸太 vs 内藤哲也

2・10大阪大会で新日本残留を宣言した飯伏は、現インターコンチネンタル王者の内藤と闘います。

決勝のカードといっても相応しいカードなだけに、お互い絶対負けられない試合になるでしょう。

ちなみに、昨年のG1では飯伏が内藤に勝利しています

 

④3・11高松市総合体育館

後藤洋央紀 vs SANADA

今年こそお互いにシングルで結果を出したい2人でしょう。

こちらのカードも一回戦で実現とは、非常に勿体ないカードです。

久しぶりにIWGPヘビー級に挑戦したい後藤と、地元新潟での決勝に駒を進めたいSANADAの一戦も見ごたえ十分です。

 

想像以上に長くなってしまったので、続きはまた次回の記事で書きたいと思います。

次回の内容ですが、優勝予想するとかしないとか…