プロレスリング・ノア社長が開国を宣言!早速、丸藤正道がDDT参戦表明

プロレスリング・ノア




会社が変わりイメージを刷新した新生NOAHは、2019年鎖国を強調し極力NOAH内での選手のやりくりをしてきました。

結果、NOAHの選手達の個性を発信することに成功し、上々のリスタートを切ったと思います。

 

1年で手応えを掴んだ新生NOAHですが、2020年は打って変わって開国を宣言しました。

これはNOAH武田社長のコメントです。

『昨年は、他団体に選手は出ない鎖国をして足固め、地固めをやりました。その結果、これがノアだ、という基盤を作れたと思っています。

今年は、ノアを業界全体に広げていくタイミングに入ったと思っています。

興行だけじゃなくて、メディア発信もそう。すべてはノアのために広く発信していきたいと考えています』

引用:報知新聞

 

NOAHを業界全体に広げていくとは、他団体に選手を積極的に送り込むということでしょう。

自分の団体の選手に自信があり、他団体のリングに上がっても違いを作れると確信しているんだと思います。

武田社長のインタビュー全文はこちらをご覧ください。

 

既に当ブログでも記事にしているように、昨年末にWRESTLE-1(以下レッスルワン)のビッグマッチにNOAH主力メンバーを参戦させました。

 

結果、現無差別級王者の稲葉大樹を挑発した中嶋勝彦が、アウェーとなる1・12後楽園ホール大会でタイトルマッチ挑戦が決定。

 

中嶋の言動に賛否意見が上がりましたが、魅力的なタイトルマッチが決定したことは間違いありません。

仮に無差別級のベルトが中嶋に奪われるような事態になれば、レッスルワンの選手がNOAHのリングに取り返しに上がることでしょう。

NOAHとレッスルワンの抗争に発展する可能性が出てきました。

 

 

らに、昨日行われたDDT「新春お年玉スペシャル!全席2000円興行!!2020」後楽園ホール大会では、予想外の選手がリングに上がっています。

休憩明けディザスターボックスメンバーがリングに上がり、HARASHIMAから新メンバーが入ることが告げられました。

『なんと、お正月ということで、皆さまにディザスターボックスからお年玉があります。

なんと新メンバーが入ります。新メンバーはこの人です!』

引用:AbemaTV

 

会場に流れるは丸藤正道の入場曲。

まさかの本人登場で会場はどよめきました。

 

『みなさん、明けましておめでとうございます。自分のとこは開幕してないのに他団体で新年のあいさつをしてしまうプロレスリング・ノアの丸藤正道です。

2020年業界全体を巻き込んでいこうと思っている最中、HARASHIMA選手からラブコールをいただきココに来ました

引用:AbemaTV

 

過去何度かDDTにゲスト参戦してきた丸藤ですが、今年はNOAHをベースに二足の草鞋を履いていくということでしょう。

 

中嶋がレッスルワンの無差別級のベルトに挑戦し、丸藤はDDT参戦をアピールしました。

1団体1人という規則性があるなら、ドラゴンゲートや全日本プロレスに参戦せる選手も現れるかもしれません

もしかしたら、拳王杉浦貴も他団体に参戦する可能性もあるでしょう。

2020年もNOAHの攻勢に目が離せません。