東京ドームメインでの内藤哲也の大合唱を阻止したKENTAの罪と罰

“独り言考察”




上初の偉業達成以上に東京ドーム大会での大合唱は、多くのファンにとって悲願でした。

 

1・4東京ドームでIWGPヘビー級のベルトを守ったオカダカズチカと、ジェイ・ホワイトからIWGPインターコンチネンタルのベルトを奪還した内藤哲也

1・5東京ドームのメインイベントで行われたダブルタイトルマッチに臨んだ内藤にとって、この試合は2年前の延長戦だったことでしょう。

2018年に叶わなかった東京ドーム大会メインイベントでの勝利。

 

昨日の試合、内藤にとっては内容以上に結果が全てだったと思います。

特に内藤哲也に二冠を勝ち取って欲しいと願ったファンにとっては、勝利という結果だけが重要だったことでしょう。

 

対するオカダもIWGPヘビー級王者の名に懸けて、絶対負けられない一戦だったと思います。

選手もファンも望んだ二冠を否定したいオカダにとって、チャンピオンのプライドを懸けたメインイベントでした。

試合序盤と終盤で繰り出した非情なまでの膝攻撃は、内藤の二冠を達成したいという気持ちを折る為の荒技だったことでしょう。

 

結果的に、オカダは内藤の気持ちを折ることはできませんでした。

試合を通して余裕も笑みもない様に見えた内藤でしたが、背負っているものの“重さ”が違かったのかもしれません。

内藤の背中に過去と未来と今を背負って闘っている様に感じたのは、私だけでしょうか

 

先日のインタビューで、引退すら考える不安を抱えていたことを告白した内藤。

 

いつ終わるかもしれない未来を抱え闘っている様に見えました。

試合終盤に出したスターダストプレスには、過去の内藤哲也と一緒に繰り出したのかもしれません。

オカダから3カウントを奪うため切り札として使った今回のスターダスト。

2018年の東京ドームのオカダ戦で出したスターダストプレスとは、全く意味の違うものでした。

 

遂に夢叶った史上初の偉業と、東京ドームメインイベントでの勝利。

残すはデ・ハ・ポンの大合唱のみでしたが…

 

東京ドームでの大合唱という内藤とファンの夢を奪ったKENTA。

これを大罪と言わず何と言えばいいのでしょう。

 

2年間この景色を待ったファンも、大勢会場に足を運んでいたと思います。

なぜ、NEW YEAR DASHではなく、このタイミングで急襲してしまったのか。

ファンは嘆き悲しみ罵倒するしかなかったでしょう。

 

恐らく、NEVER無差別級選手権に勝っていてもメインの勝者襲撃を企てていたのでしょう。

同ユニットのジェイ・ホワイトが二冠争いから脱落した時点で、この計画は練られていたのかもしれません。

 

 

の夢であった東京ドームメインイベントでの勝利、そして史上初の偉業となった二冠達成は果たされました。

今となってはデ・ハ・ポンの大合唱を終えた先に、新たな野望が生まれたかは分かりません。

 

6大ドームツアーは内藤が語った新たな野望ですが、今すぐには叶えられない夢しょう。

もし、内藤が次の野望をトランキーロでかわし具体的な夢を語らなかったら、全てのファンがそのまま応援し続けるかは疑問です

東京ドームでの大合唱を果たし燃え尽きてしまうファンもいたかもしれません。

 

2020年の1・5東京ドームで“逆転の内藤哲也”を堪能することができました。

これからは“逆襲の内藤哲也”を応援することができるでしょう。

 

東京ドームでの大合唱を阻止するという罪を犯したKENTA。

多くのファンを敵に回すという罰を背負うはずです。

そして、多くの内藤ファンは東京ドームでの大合唱の夢が叶うまで再び応援することでしょう

KENTAとの新たな因縁という楽しみも生まれました。

 

2021年の東京ドームのメインは、どんな景色になるのか。

もう一度、東京ドームでの大合唱を目指したいと思います。

 

 

【お知らせ】

東京ドームでの大合唱をし損なった筆者ですが、自身のTwitterに昨日の写真をアップしました。

気になる方はトペブロ公式Twitterアカウントをご覧下さい。