裏切りに次ぐ裏切りで新ユニット誕生!NOAHジュニアの今後の展開予想

プロレスリング・ノア




Pocket

、インターネットテレビサービスである「ABEMA」で放送されたノアTVマッチである『“NOAH Stay Together” MUTA FANTASIA』。

特別ゲストにAKBの松井珠理奈さん、メインイベントにはグレート・ムタと、初期の頃のムタを彷彿とさせる謎のペイントレスラー魔流不死(まるふじ)がNOAHマットに初降臨するという豪華なラインナップとなりました。

話題性もあり多くの方がご覧になったことでしょう。

 

プロレスの灯を絶やさないため闘い続けるプロレスリング・ノアですが、プロレスを続けるだけではなく新展開を見せ続けています。

特に予想外な事件勃発で新たな展開を繰り広げたのが、NOAHジュニアのユニット抗争です。

9日のノアTVマッチではタイトルマッチ中にHAYATAYO-HEYを裏切りスティンガー入り。

 

翌日のノアTVマッチではスティンガーの小峠篤司が、試合終了後に鈴木鼓太郎を急襲し杉浦軍の吉岡世起大原はじめを勧誘しました。

 

元WRESLTE-1から電撃加入した吉岡ですが、デビューマッチこそ勝利しましたが2戦目以降は3試合連続3カウントを奪われ負けています。

現状を打破する為、ノアJr.のトップを取るためNOSAWA論外を裏切り小峠と闘うことを選んだ吉岡。

吉岡のパートナーだった大原も加わり、新ユニット「FULL THROTTLE (フルスロットル)」が誕生しました。

急展開で裏切られたNOSAWA論外も、新たな人員確保の為、動きそうな意味深ツイートをしています

 

セミファイナルのGHCジュニアヘビ-級タッグ選手権終了後には、新生スティンガーとFULL THROTTLEと旧ラーテルズの3軍がリングに上がり、新たなジュニア抗争が幕を明けました。

色々と異動があったNOAHジュニアですが、今現在のユニットと所属メンバーはご覧の通りです。

スティンガー ▪小川良成

▪鈴木鼓太郎

▪HAYATA

旧ラーテルズ ▪原田大輔

▪YO-HEY

▪タダスケ

フルスロットル ▪小峠篤司

▪大原はじめ

▪吉岡世起

金剛 ▪覇王

▪仁王

杉浦軍 ▪NOSAWA論外
それ以外のジュニア ▪宮脇純太

▪諸橋晴也

▪田中稔

※熊野準は無期限休業中なので除外、ディック東郷は一時解雇なので除外

 

GHCヘビー級チャンピオンである潮崎豪が急性虫垂炎の為欠場、GHCナショナル王座に輝いた中嶋勝彦の次の挑戦者は昨日の試合では現れず、GHCタッグ王座のイホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.はメキシコに帰国中…

今、現在進行中でタイトルマッチに繋げることができるのは、新たなユニット抗争に突入したジュニア勢でしょう。

 

早速、5月の新たなTVマッチが発表になりました。

 

~NOAH “NEW HOPE”~と題されたTVマッチはNOAHのエースである清宮海斗を中心に据えていますが、ジュニアのユニット抗争も激化するでしょう。

そして、その先にはGLOBAL Jr. TAG LEAGUE(グローバル・ジュニア・タッグ・リーグ)が待っているのではないでしょうか

昨年は1ブロック7チームによるリーグ戦を行いましたが、今のNOAHジュニアのユニット数なら6チームで行うのかもしれません。

今回発表になった新たなTVマッチで行うのか、それとも6月に開幕するのか…

プロレスを止めないNOAHジュニアの闘いから、目が離せません。