スポンサーリンク
翻訳 translation

高橋ヒロムの言うイニシャルKの正体とは

高橋ヒロムの優勝で幕を閉じたBOSJ。

出典:新日本プロレスリング:HP

バックステージに引き上げたヒロムは、コメントの最後にイニシャル“K”について語りました。

『最後に一つだけ。知ってるぞ。

この会場で、アナタが、アナタが見てたこと、知ってるぞ。

イニシャル“K”』

引用:新日本プロレス

ここでいうアナタとはこの日試合に参加していた選手のことなのか、それとも試合を観に来ていた選手のことなのか…

1年前に書いたブログで新日本に所属する選手の中から、Kの正体を予想しました。

ベストオブザスーパージュニア、グループリーグ敗退の高橋ヒロムの口から、またイニシャル”K”の話題が!今なお口にするその相手とは、一体誰なのか!?イニシャル”K”を考えてみました。バックステージコメント付き。

この時は飯伏幸太と予想しましたが、根拠も自信もありませんでした。

そして、この日の試合でイニシャルがKな選手と言えば…

YOH(小松洋平)

金丸義信

オカダカズチカ

飯伏幸太

試合に出場した選手に限定すると、イニシャル“K”はやはり飯伏幸太の可能性が一番高いのではないでしょうか。

ただ、ここに来て東スポの記事に、ヒロムの憧れる選手の名前が紹介されていました。

その選手の名前は…

金本浩二(KANEMOTO KOJI)

引用:東京スポーツ新聞

獣神サンダーライガーと並び、新日ジュニアを代表する選手でした。

ただし、金本がこの日会場にいたかどうかは不明。

また、現在はフリーランスとして単発の興行に参加する程度しか試合をしていないので、Kの正体が金本浩二なら闘いたい選手ではなく、闘いたかった選手なのかもしれません。

そして、飯伏が同じ日に、こんなコメントを残しています。

『まあ自分はウェイト的にはジュニアヘビーなんで、いつでもジュニアでもヘビーでもやりたいなと。

タイトルマッチをやりたいなと思います。』

引用:新日本プロレス

このコメントを額面通りに受け取れば、ジュニアのベルトにも挑戦する意欲はあるということ。

ただし、このコメントはあくまで飯伏の意思であり、ヒロムの意思がそうであるかは分かりません。

はっきりと分かった事と言えば…

飯伏はタイトルマッチに飢えている

いずれにしても、現状考えられるK最有力は…

飯伏幸太

と、予想します。

注目はドミニオンのIWGPジュニアヘビー選手権後、次期挑戦者が名乗り出るのか、それとも指名されるのか。

もし何もなければ、メインイベント終了後に飯伏がどう動くかが注目されます。

ケニーのセコンドに付く予定の飯伏は、オカダとケニーの試合を目の当たりにし、何を感じ、何を考え、どんな感情が沸き上がるのか。

自然と歩みを始め、スローモーションのように向かう景色。

そして、目の当たりにするのは…

勝者の目の前に立っている飯伏

となると、Kの正体はまた違う人物なのか…

ちなみに、他のブロガーさんも予想していますが、金本説が多いようです。

本人のTwitterではBOSJ決勝戦の6月4日は東京に来ていましたが、その日の朝に地元神戸に帰るとツイートしていました。

引用:金本浩二Twitter

Kの正体が金本浩二なら、このツイートも嘘となるのか…

スポンサーリンク