NEW JAPAN CUPのAブロックでライバル対決は実現するのか

NEW JAPAN CUP




発表となった新日本プロレスの「大会再開に関するオンライン会見」の内容に、多くのファンが驚愕し歓喜したことでしょう。

中止になった春の祭典「NEW JAPAN CUP」(以下NJC)が、無観客試合にて開催。

しかも、海外在住のレスラーが参加できない代わりにジュニアヘビーの選手が参加するという無差別級トーナメントになりました。

決勝戦はコロナ禍になって初の有観客による大阪城ホール大会、翌日にはIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合が行われます。

つまり、NJC覇者と現二冠王者である内藤哲也が闘うという事です

 

可能性としては大阪城ホール大会の2DAYSのメインイベントで、幻となった「旗揚げ記念日」大会の師弟対決、内藤哲也 vs 高橋ヒロムが実現することだってあります。

今回のNJCの一回戦の初日である6月16日の対戦カードは、最も注目のブロックとも言えるでしょう。

 

トーナメント一回戦を4日に分けているので、上記のブロックはAブロックと呼ぶのが分かりやすいでしょう。

Aブロックから注目カード目白押しです。

 

ヤングライオンの辻陽太が先輩・真壁刀義に立ち向かい、矢野通と邪道の一戦はお互いチャンスと語り何が起こるか分からない騙し合いとなるでしょう。

高橋ヒロムは優勝すれば大阪城ホールで幻と消えた、内藤哲也との師弟対決が実現します。

昨年、マイホームを建てたばかりの本間朋晃も、一回戦で負けるわけにはいかないでしょう。

本間が意地を見せるか、ヒロムがヘビー級レスラー相手にどう闘うのかも気になるところです。

 

中でも注目している一回戦がNEVER無差別級のベルトを狙うエル・デスペラードと、現NEVER王者の鷹木信悟と大熱戦を繰り広げた石井智宏との一戦です。

NEVERを狙うなら超える必要がある相手でしょうし、久しぶりの試合となる一戦が石井とのシングルマッチということで、最も過酷な一回戦とも言えるでしょう。

 

石井とデスペラードの一戦が、今回の無差別級NJCトーナメントを最も象徴する闘いになりそうです

あるいは指標となるでしょう。

真正面から闘うのか、対ヘビー級仕様に攻め方を変えるのか…

石井に勝った先に見えるのは“赤髪”のあの選手かもしれません。

 

とは言え、石井にとっても絶対負けられないトーナメントなんだと思います。

順調に行けば昨年同様に準決勝でオカダカズチカと闘うことができるでしょう。

石井にとって正念場となるニュージャパンカップなんだと思います。

 

 

林会長のオンライン会見で多くファンが有観客再開となる大阪城ホールに行きたくなったことと思いますが、早速チケット概要が発表されました。

 

アリーナ・スタンド共通の1券種のみで、全席10,500円の指定席です。

コロナ対策については一読が必須でしょうが、県を跨ぐ移動はまだ不安が残ります。

下記の通り、新日本プロレスからは関西圏外からの来場は極力控えて欲しいとアナウンスもあります。

関西圏外からのご来場は極力お控えいただくなど、県をまたいでの移動が伴う場合は、お住まいの各自治体の指針に従ってご来場をご検討ください

引用:新日本プロレス

 

待望の新日本の有観客興行再開なだけに、恐らくチケットはすぐ完売するでしょう。

ファンクラブ先行予約期間は6月13日(土)から15日(月)の3日間です。

数日後にはチケットの申し込むかどうかの判断をしなければならないということになります。

 

そこで、皆さんに質問です。

7月12日、13日の大阪城ホール大会には行きたいですか?それとも自粛しますか?

 

コロナ対策を考えると小さな会場でロングスパンの有観客大会開催よりも、短期間の大きい会場での興行が有効だと思います。

多くのファンの方々に見てもらいたいが為の大阪城ホール大会でもあり、コロナ対策を万全に行うための広い会場での興行とも言えるでしょう

今回の大阪城ホール大会2DAYSのチケット購入は、慎重に検討する必要があるかもしれません。