ニュージャパンカップ開幕!決勝進出は鈴木軍が有利!?

出典:新日本プロレスリング:HP
NEW JAPAN CUP



遂に今日、NEW JAPAN CUP(以下NJC)が開幕します!

事前に行ったアンケートでは、沢山の方に答えていただきました。

また、コメントも沢山いただきありがとうございます。

 

早速、投票結果をご覧下さい♪

 

第1位  飯伏幸太選手  39票

第2位  棚橋弘至選手  26票

第3位  内藤哲也選手  14票

第4位  石井智宏選手  10票

第4位  SANADA選手  10票

 

この結果通りなら、決勝のカードは棚橋 vs 飯伏になりそうですね。

 

ちなみに年齢別と性別の投票割合はこちらです。

年齢層に偏りが無く、いろんな方に投票投票いただきました!

このブログが幅広い年齢層に受け入れられていると思うと、嬉しい限りです♪

 

また、性別を答えていただいた方だけの結果になりますが、女性投票が2割ありました!

女性票ももっと高くなるよう、今後もブログを試行錯誤したいと思います。

 

 

改めて、NJCのトーナメント表を見ると鈴木軍有利なのかなと思えてきました。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

バレットクラブ 2人

本隊 3人

CHAOS  4人(チャッキー含む)

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン 2人

鈴木軍 4人

 

エントリー数ではCHAOSと鈴木軍は同じ人数ですが、左右の山に均等に分かれているのは鈴木軍のみ。

そして鈴木軍と言えば、介入の可能性もあります。

昨年は鈴木みのるだけの出場でノーセコンドで闘いましたが、今年はどうなるんでしょうか。

 

気になるのが、旗揚げ記念日大会での鈴木みのるのコメント。

『さぁ、まだいるだろ? 

そう、貴様じゃなくてもいいんだ。お前じゃなくてもいいんだ。貴方様でもなくていいんだ。

そう、俺の上にいるであろう、誰かであれば。

そう、それはこれ(インターコンチのベルト)じゃない何かを持ってるヤツだ。

必ず、ブチのめしてやる。

(中略)

そのうち、間違いなく“すべて”が俺の手の中に来る。

そう、すべてだ。この世の宝、すべてだ。』

引用:新日本プロレス

 

『そのうち、間違いなく“すべて”が俺の手の中に来る。』

 

間違いなくって断言するあたりが、怪しくないですか?

介入さえあれば、トーナメントの勝敗もコントロールできる…

NCJで鈴木軍の誰かを優勝させるには、少なくとも1人は決勝に残らなければいけません。

そして、優勝するためにも、IWGPヘビー級のベルトを奪取するためにも、手段を選ばないと思っています。

 

そもそも、鈴木みのるは新日本プロレスのベルト全てを欲しがっていますが、それとは別に“あるもの”が欲しいと思っています。

いや、“あるもの”が足りません。

それはリング上のマイクパフォーマンスでも、伝わってきます。

 

 

その“あるもの”とは…

 

 

あるものの答え合わせは、また後日。