【前編】「NEW JAPAN CUP 2020」優勝予想!最注目選手は“頭脳はレスラー”

NEW JAPAN CUP




Pocket

NEW JAPAN CUP 2020」(以下NJC)の開幕まであと3日。

110日振りとなる新日本プロレスの大会再開です。

 

「Together Project Special」と題した大会が1日だけ行われますが、翌日からは負けたら終わりのトーナメントが開催されます。

久しぶりの試合で選手のコンディションが気になりますが、準備万全な選手がトーナメントを勝ち上がるのではないでしょうか。

新日本プロレスの公式LINEアカウントでは、現在優勝予想アンケートを行っています。

 

今大会は無差別級のトーナメントとなるだけに、いつも以上に優勝予想は難しいでしょう。

個人的に今大会の鍵を握るのは【場外戦】だと思っています

トーナメント出場32人の内、ジュニアの選手は合計11人。

※ゲイブリエル・キッドはどちらか不明なので11人には含んでいません

ヘビー級の選手に真っ向勝負を挑む選手もいると思いますが、勝つために“頭”を使った賢い闘い方をする選手もいるでしょう

どんな会場で試合が行われるか分かりませんが、無観客でも鉄柵がある会場であれば予想外な結果が生まれるかもしれません。

 

プロレスYouTubeチャンネルで優勝予想

 

予想困難な無差別級トーナメントなだけに今回は優勝予想はしない予定でしたが、プロレスYouTuberさん達の動画を見ている内にやっぱり予想している時間が最も贅沢な時間だと感じ、急遽トペブロでも優勝予想してみることにしてみました。

ちなみに「PJLL プロレスYouTube」では昨晩からLIVE配信で優勝予想をしています。

数日に分けて予想していて今夜も行われるとのこと。

21時頃配信予定とのことなので、是非チェックしてみてください。

 

また、プ女子によるプロレスYouTubeチャンネルはちわれプロレスちゃんねるでも、優勝予想をしています。

まだ開設して間もないチャンネルですが、プロレス初心者に優しい内容になっているので「はちわれプロレスちゃんねる」さんの美声をお楽しみください。

両チャンネルのリンクはチャンネル名に貼っていますので、気になる方は要クリックです。

 

ここからはトペブロ「NEW JAPAN CUP」予想

 

トーナメント1回戦は4試合づつ、4日間に分かれて行われます。

分かり易くそれぞれをA~Dブロックに分けて考えてみました。

今回の予想は、各ブロックの代表が決まるカード(準々決勝)までの予想をしたいと思います

 

【Aブロック】

NJC開幕初日となるAブロックですが、2番目にジュニアの選手の割合が高いブロックです

当然ジュニア勢に対する期待も高まります。

以前の記事にも書きましたが、石井智宏エル・デスペラードの一戦はこの無差別級トーナメントの指標となる一戦として注目していました。

デスペラード真っ向勝負だけで石井に挑むのか、試合終盤頭を使った闘い方にシフトするのか、見どころの多い試合になることを期待しています。

 

この2人以外にも、矢野通の頭脳戦が今トーナメントの結果を左右することになるでしょう。

誰が相手でも敗北を喫する可能性があります。

誰が矢野を止めるかも注目です。

 

ここまでAブロックはデスペラードと矢野がの勝敗がポイントだと記述してきましたが、Aブロック代表決める準々決勝に進むのは石井智宏と高橋ヒロムと予想します

IWGPジュニアヘビー級チャンピオンとして、ヒロムがこの無差別級トーナメントを盛り上げてくれることでしょう。

 

【Bブロック】

Bブロックはもっともジュニアの割合が高いブロックです。

ジュニア勢の活躍がもっとも期待できるブロックだと思い、今回のNJCで最も注目すべき選手は金丸義信だと思っています

優勝を狙っているかどうか分かりませんが、レフリーのブラインドを利用した攻撃や、場外20カウントを利用した勝利を狙うことでしょう。

Bブロックの準々決勝を決めるカードは、オカダカズチカ vs 金丸義信になるのではないかと予想します。

 

【Cブロック】

最も激戦が期待できるCブロックですが、最も予想が困難なブロックとも言えます。

恐らく、このブロックで多くのベストバウトが生まれるのではないでしょうか。

NJCに向けて身体を絞っている棚橋弘至や、今大会の数少ない外国人レスラーであるザック・セイバーJr.、リベンジのチャンスを得たSHOなど注目選手が多いブロックですが、準々決勝に登り詰める2人は飯伏幸太鷹木信悟になると予想します。

 

【Dブロック】

4つのブロックでもっとも実力が均衡しているイメージのDブロックですが、最も優勝というチャンスを欲する選手が多いブロックだと思っています

準々決勝で“ テンコジ ”対決が実現すれば大いに盛り上がるでしょうし、高橋裕二郎が勝ち上がるごとに内藤哲也との「NO LIMIT」対決を意識するファンも増えるでしょう。

BUSHIは毒霧で、YOHはファイブスタークラッチで1チャンスを狙っていると思います。

最多優勝、最多準優勝の後藤洋央紀も、確実に優勝を見据えていることでしょう。

 

非情に予想が難しいDブロックですが、準々決勝最後のカードはYOSHI-HASHIEVILの一戦になると予想します。

 

予想まとめ

 

各ブロックのベスト4を決める対戦カードはご覧のようになりました。

7・2NEW JAPAN CUP準々決勝
石井智宏 vs 高橋ヒロム
オカダ・カズチカ vs 金丸義信
飯伏幸太 vs 鷹木信悟
YOSHI-HASHI vs EVIL

 

今回はボリュームが多くなってしまったので、予想はここまで。

次回、NJC優勝予想をしたいと思います。