波乱or必然!?ニュージャパンカップ尼崎大会

NEW JAPAN CUP



正直、15日の後楽園ホールは飯伏 vs 内藤を期待してました…

 

NEW JAPAN CUP 1回戦

YOSHI-HASHI vs 飯伏幸太

 

この試合を見てYOSHI-HASHIが確実に成長しているんだと実感しました。

対飯伏用の試合展開を実行できたのも、成長の証。

場外で飯伏のラ・ケブラータをくらった時はピンチに陥りましたが、今まで出したことのない(私は見たことない)カナディアン・デストロイヤーを放った瞬間は番狂わせを期待しました。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

しかし、NJC対策を練ってきたのは飯伏も一緒でした。

クロスアーム式スープレックスからのカミゴエは、新しい必勝パターンになりそうです。

もし、試合ごとに多様な技でクロスアーム式からカミゴエを放ったら、飯伏を止められる選手はいないでしょう。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

次の試合も、私が注目するポイントはそこです。

 

 

NEW JAPAN CUP 1回戦

内藤哲也 vs ザック・セイバーJr.

 

正直、ここまでのNJC1回戦は番狂わせが無かったので、この試合も同様だと思ってました。

 

結果はあの内藤が何もできず、ザックが圧倒。

波乱の結果とも言えますが、それだけザックは強かった。

いや、一気に優勝候補に名乗りを上げました。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

ちなみにこの日内藤からギブアップを奪ったサブミッションは、『オリエンテーリング・ナパーム・ウィズ・デス』という技名だそうです。

右足は変形のニーロックで極め、左足はマフラーホールドで固める。

まさに、アリ地獄ですね(汗)

 

ザックの強さを目の当たりにしたとき、旗揚げ記念日大会で豪語した、鈴木みのるの言葉が脳裏に浮かびます。

 

『そのうち、間違いなく“すべて”が俺の手の中に来る。』

ニュージャパンカップ開幕!決勝進出は鈴木軍が有利!?

 

今のザックなら介入など無くとも、NJCで優勝する可能性は充分あります。

あんな戦い方をされたら、誰が勝てるのでしょうか?

例え、チャンピオンのオカダカズチカだとしても…

 

 

明日の公式戦が終われば、ベスト8が出揃います。

そして、NJCでのユニット格差も露わになるでしょう。