34年振りプロレス生中継!ゴールデンタイムでEVILは本当の闇の王と化してしまうのか

NEW JAPAN CUP




金曜8時のプロレス生中継が帰ってきます。

一夜限りの復活であり、地上波ではなくBS朝日での放送となりますが、これが大きな一歩になると信じています。

プロレスが市民権を得るために、プロレスのステータスが上がために、今まで積み重ねてきました。

今夜は歴史的な夜になることでしょう。

 

本日放送される「NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020」(以下NJC)の準決勝に進出した4人も出揃いました。

写真付きで簡単に説明します。

 

高橋ヒロム

 

ジュニアヘビー級王者として出場した本大会。

準々決勝では新日本プロレスで一番強いと語った石井智宏を倒し、ゴールデンタイムで試合をする権利を得ました。

勿論、準決勝進出だけで満足してはいないでしょう。

一部メディアではヒロムの勝ち上がりを「ダークホース」、「番狂わせ」と言われているようですが、ジュニア王者の実力、ジュニアヘビー級の底力を見せつけた試合となりました。

ヒロムが優勝すれば、旗揚げ記念日大会で幻となった師弟対決が実現します。

 

オカダ・カズチカ

 

そのヒロムと対戦するのは、前大会のNJCで優勝を果たしたオカダカズチカです。

4回目の出場となったNJCですが、その内2回は優勝しています。

また出場していない年はIWGPヘビー級王者として不参加となっていました。

今大会優勝候補ナンバー1と言あるでしょう。

生粋のヘビー級レスラー対、生粋のジュニアヘビー級レスラーの一戦になります。

 

SANADA

 

昨年NJC準優勝を果たしたSANADAは、今最もIWGPヘビー級のベルトが近い存在とも言えるでしょう。

準決勝の相手は、同じロスインゴの仲間でありタッグパートナーでもあるEVILです。

私の記憶が正しければ、両者の対決はG1クライマックス公式戦の2試合のみ。

現状は1勝1敗のイーブン。

3度目の対決はどちらが制することができるのか。

 

EVIL

 

今大会いつもと違う闘いに徹しているのはEVILです。

いつも以上のダーティーファイトを繰り出し、2回戦の後藤洋央紀戦ではリング上て急所攻撃も繰り出しました。

続くYOSHI-HASHI戦でも痛めている膝を狙うと思っていましたが、試合開始前からパイプ椅子で膝を殴打し、別人の様なラフファイトで勝利しています。

 

注目は同じユニットであるSANADAに対して、どんな闘い方で挑むかでしょう

タッグパートナーであるSANADAには、ダーティーファイトはして欲しくないと思うファンは多いと思います。

それとも、どんな手を使ってでも優勝する為に、手段を選ばず闘うのか。

恐らく、今夜のSANADA戦もダーティーファイトを繰り出すのではないかと思っています

ゴング前に奇襲を仕掛けるのか、それとも試合終盤レフリーに故意に衝突しまた急所攻撃を繰り出すのか…

 

全てはNJCを優勝し内藤が持つ2つのベルトを手にした、新日本プロレスの中心に君臨する為。

その為にも確実に結果を残す闘いに徹するんだと思います。

そんな覚悟を感じるのは私だけではないでしょう。

34年振りのゴールデンタイムのプロレス中継は、ただならぬ緊張感を帯びてきました。