金網6WAYマッチ速報!旗を取れずリスクを負うのは誰?【ドラゴンゲート】

Eita【撮影:koba】
DRAGON GATE




Pocket

(9月21日)、大田区総合体育館で行われるドラゴンゲートのビッグマッチ「DANGEROUS GATE 2020」。

メインの金網6WAYマッチで敗者はリスクを負うことになりますが、それ以外にも3つのタイトルマッチも行われています。

ここから先は試合結果に触れるのでご注意ください。

 

【第1試合】

オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
石田凱士 vs ヨースケ♡サンタマリア

【第4試合】

スペシャルシングルマッチ
Kzy vs 土井成樹

【第5試合】

オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
Ben-K & ストロングマシーン・J & ドラゴン・ダイヤ vs 吉田隆司 & ディアマンテ & KAZMA SAKAMOTO

KAZMAがBen-Kから3カウント奪取!

 

【第6試合】

オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
箕浦康太 & ジェイソン・リー vs ドラゴン・キッド & 横須賀ススム

ジェイソンがキッドから3カウント奪取!

 

ここからはメインイベントの金網6WAYマッチの結果となりますが、簡単にルールと詳細を説明します。

9・9後楽園ホール大会における「ナンバーチェンジ6人タッグマッチ」で、ビッグR清水が勝利しEitaのナンバー③と吉野正人のナンバー⑥を交換。

最終的な入場順はご覧の通りです。

①ビッグR清水➡ ②KAI ➡③吉野正人 ➡④B×Bハルク ➡⑤YAMATO ➡⑥Eita

 

試合の勝敗は従来のルール通り、金網の上の旗を取った選手から勝ち抜けとなりますが、今回の金網は試合開始時は旗が1本しかありません。

選手の参加人数が増える度とに、旗が1本づつ追加されます。

ビッグR清水 vs KAIのシングルマッチでスタート 旗1本
5分後 吉野正人が試合に参加 旗2本
4分後 BxBハルクが試合に参加 旗3本
3分後 YAMATOが試合に参加 旗4本
3分後 Eitaが試合に参加 旗5本

 

では、出場選手のリスクはご覧の通りです。

吉野正人 【敗戦の場合】・試合後に髪切り(丸坊主)執行 。土井成樹と引退試合を行い、そのまま引退
YAMATO 【敗戦の場合】・今年一杯、大会開始前のプロレス講座(前説)を担当・コスチュームを白のブリーフスタイル、ガウンはバスローブとする・ヘアスタイルをストレートパーマに
KAI 【最初にエスケープした場合 】・R・E・D へ加入  

【敗戦の場合】・DRAGONGATEマットより追放

Eita 【一番に金網からエスケープ出来なかった場合】・自身の保持するドリームゲート王座の次期防衛戦をDRAGONGATE世代の選手と行う

【敗戦の場合】・R・E・Dを脱退してDRAGONGATE世代入り

B×Bハルク 【敗戦の場合】・リングネームを本名の石原輝政に改名・R・E・Dを脱退し門下生として望月道場へ入門
ビッグR清水 【敗戦の場合】・R・E・D脱退・髪型を角刈りに・リングネームを「リョーツ清水」に改名

 

では、ここからは金網6WAYマッチを速報します。

00:00~4:59 試合開始早々、清水が金網を登り旗を狙うが、Kzyに落とされる。

KAIも金網を登り旗を狙うが、一番最初に抜けるとR・E・D入りしなければならないと気付き断念。

5:00~8:59 吉野がダッシュで入場し旗を狙うが失敗。

KAIが金網の登り2番目に旗を取る準備に入るが、吉野も清水もなかなか取ることができない。

9:00~11:59 BxBハルクが入場すると、KAIもリングに戻り吉野を助ける。

まだ誰も旗を奪取できず3分経過。

12:00~14:59 YAMATOが金網を登り隣でKAIが待つも、取る瞬間YAMATOを急襲しKAIが最初に旗を取る

この時点でKAIがR・E・D入り決定

15:00~ Eita入場。

Eita、清水、ハルクの3人で旗を目指すが外野に邪魔される。

KAIの補助でハルクが2番目に旗をゲット。

3番目にYAMATOが旗をゲット。

4番目はEitaが旗をゲット。

残る旗は1本。

R・E・Dが乱入し吉野を強襲。

吉野のピンチに校長が金網に入り、清水にアサイDDTを炸裂。

清水が起き上がらない間に、吉野が最後の旗をゲット!

清水の敗者が決定。

 

試合後、R・E・Dが乱入し清水追放を宣言&バリカンで髪を切られます。

続いて有刺鉄線テーブルが入れられ、Eitaにハンマースローされることに。

しかし、これを切り替えされたEitaが有刺鉄線テーブルに突進することに

 

R・E・Dが去ると吉野が金網に入り、マイクでアピール。

ウルティモ・ドラゴン校長の入団に尽力を尽くした吉野が、その校長に引退の危機を救われる結果に。

年内までの3ヶ月、ドラゴンゲート世代と共に闘うことを約束。

 

しかし、斎藤了がマイクを握るとコロナ禍の4ヶ月間で大会が出来なかったこと、そして吉野の引退ロードを見せれなかったと引退の延長を懇願

回答はすぐには答えられないとのことでしたが、4ヶ月休んだことでコンディションは良好とのこと

これにて、多幸感に包まれた「DANGEROUS GATE 2020」は幕を閉じました。