ついにプロレス観戦写真解禁!プロレス観戦の楽しみ方<後編>

初心者の為のプロレス講座




9.7後楽園ホール観戦から早半月。

 

やっと写真アップします!

 

プロレス観戦の楽しみ方<前編>はこちらを

後楽園ホールで神対応!プロレス観戦の楽しみ方<前編>

 

プロレス観戦の楽しみ方<中編>はこちらをご覧ください。

後楽園ホールは遠いぞ!いや、近っ!プロレス観戦の楽しみ方<中編>

 

約15年振りのプロレス観戦で、楽しみにしていたことが3つありました。

 

①選手のサイン会に参加すること

②後楽園ホールでプロレス生観戦できること

③試合の写真を撮ること

 

プロレス観戦の楽しみ方<後編>では、試合中に撮った写真と、それを撮ったカメラの選び方についてお伝えしようと思います。

デジカメ購入に先駆け、カメラの知識も撮り方も知らない素人でしたので、Twitterのフォロワーさんにカメラの選び方について教えてもらい、最低限必要な性能を確認しました。

 

・望遠カメラであること

席がリングサイドではないので、望遠は必須です。

だいたい光学30倍前後のズーム機能が付いている方が良いとのことです。

・手ぶれ機能が付いていること

新日本プロレスの会場では三脚の持ち込み及び使用は禁止です。

何かに固定しながらの撮影はできないので、手ブレ機能も必須とのことでした。

 

これらの情報を元に少ない予算で買ったカメラがこちら!

引用:OLYMPUS公式HP

 

OLYMPUS デジタルカメラ SP-720UZ

光学26倍ズーム、手ブレ機能付き、新品だと2万円ぐらいしますが、中古で1万円ほどで購入しました。

初めてのカメラとしてはこのぐらいで十分でしょう♪

 

それでは、初プロレス観戦写真をご覧ください!

 

まずは、ミラノコレクションA.T.さん…

の後ろ姿(笑)

 

 

本隊vs鈴木軍

 

CHAOS vs バレットクラブ&ラビさん

 

ジュース&ウォーマシン vs 3兄弟

 

本隊 vs 鈴木軍

 

CHAOS vs L・I・J

 

試合後、交錯する思案

 

 

写真を撮っていた時は使える写真なんて全然ないなと思っていましたが、PCに落としたら2~3割くらい使える写真があってホッとしました。

 

結果、購入したカメラの評価は…

 

60点

 

望遠は24倍で十分、手ブレはピントが合いづらいこともありました。

一番の減点要素は、撮った画像を保存するスピードが遅いこと。

1枚1枚撮ったあとに2~3秒かかってしまっていたので、常に連射で撮っていました。

ちなみに買ったSDカードは『TOSHIBA SDHCカード 32GB Class10』。

SDHCカードでClass10なので、転送速度が遅かった原因はメモリーにはないと思っています。

カメラの性能もあることながら、暗い室内での撮影だったこと、シャッタースピードを上げたら良かったのかどうか…

まあ、安いカメラを素人が使っているんですから、こんなものなのでしょう。

 

次は10.7魚沼に観戦予定。

会場は体育館、試合中は明るい状況のようです。

ここで再度試して、デジカメを買い替えるかどうか最終ジャッチをしたいと思います。

 

結局、試合のほとんどをカメラの液晶で観戦しました(笑)

総撮影枚数、約900枚。

バッテリーを変えること3回。

 

試合後にお世話になったフォロワーさんに直接会って、お礼の挨拶をし、奏功しているうちに会場を後にするオスプレイ選手にバッタリ遭遇でパニック。

ぼっち観戦だったので、写真を一緒に撮ることもできず、握手だけしてもらいました。

疲れているのに、ありがとうございます♪

 

 

約15振り観戦、初の後楽園ホール…

 

サイコーでした!

星5つ♪