BULLET CLUBと新日本の今後の展開

雑感



結局、HONER RISING 2DAYSでは、バレットクラブがどうなってしまうか、何も答えがでませんでした。

しかし、この2日間で魅せたゴールデン☆ラヴァーズ(以下G☆L)の可能性は、相当な期待値と言えるのではないでしょうか。

 

それでもモヤモヤが晴れない部分があるでしょうから、HONER RISINGでわかったことを整理してみたいと思います。

 

①codyはバレットクラブのボスになるために、これからもケニーを標的にするということ。

 

②飯伏は自分達がBEST TAG TEAMであることを証明するために、ベルト戴冠が必要だと思っていること。

 

③ケニーは自分達がBEST TAG TEAMであることを証明する自信があるから、ベルト自体にはそこまで拘りがないということ。

 

④ヤングバックスはBEST TAG TEAM in the WORLD を証明するために、G☆Lとの対決は必要だと思っているということ。

 

⑤マーティはどちらのサイド(cody or Kenny)も選ばなかったし、こんな展開も望んでいなかったということ。

 

⑥ハングマン・ペイジはcodyとケニーの争いより、自分がベルトを持つに相応しい存在だということ証明したい。それが最優先だということ。

 

⑦他のバレットクラブ(以下BC)のメンバーに動きはなく、まだまだBCの混乱は解決せず、終わりが見えないということ。

 

⑧今後はG☆Lのメインイベントが増えるのではないかということ。

 

⑨2018年はやっぱりタッグが熱いということ!

史上最高のフィナーレ!?いえいえ、これからが始まりです!

 

①から⑧についてはまた後日記載しますが、⑨に関しては2018年の新日本を席巻するのではないでしょうか。

まさか、ここまで大事(おおごと)になるとは思ってもいませんでしたから、やはりタッグの魅力を前面に押し出す対戦カードが増える予感大です!

直近は、G☆L対ヤングバックスの前に、現IWGPタッグ王者が黙っていないでしょうし、新日本だけじゃなく他団体のタッグチームも参戦してくるのではないでしょうか?

それだけ、今の新日ヘビーにはタッグで魅せれるチームが少ないというのが、私の持論です。

 

バレットクラブ以外にもHONER RISING 2DAYSでいろいろ動きがありました。

そちらも後日、記載したいと思います。

週末はG☆L復活の余韻に浸る時間だったので、今日(2月26日)あたりNEW JAPAN CUPのエントリーメンバーが発表されるかもしれないですね♪