鈴木みのるが内藤哲也を狙わなかった理由

雑感




NEW JAPAN CUP1回戦の内藤哲也vsザック・セイバーJ r.戦前日、ロスインゴ対鈴木軍の6人タッグマッチがありました。

注目は、内藤哲也と鈴木みのるの初遭遇。

内容次第では今後のユニット抗争に発展する可能性もあり、誰もが注目していたことでしょう。

そして、翌日の試合でザックが有利に働くために、内藤の関節を攻めるもんだと思っていました。

 

試合開始直前。

リング中央で待ち受けるみのる。

入場してみのるの近くでリングコールを受ける内藤は、いつものポーズ。

みのるとの距離、僅か50cm程。

てっきり内藤に奇襲を仕掛けると思いきや、何事もなかったように自身のコーナーに戻りました。

 

この日一番の見せ場は、BUSHIのカットに入った内藤がみのるの頭をジワジワ踏みつけたシーン。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

助ける為のカットではなく、完全に鈴木みのるを挑発する為の踏みつけ行為です。

それでもみのるは、内藤に手を出しませんでした。

 

結局、この日の2人の絡みはほぼ皆無。

なぜ、鈴木みのるは内藤哲也に手を出さなかったのでしょうか?

 

得意の関節技で攻撃しなかったのは、ザックを信用してたから。

そしてザックへのリスペクトかもしれません。

 

もっと、シンプルな理由は…

 

今の内藤哲也は美味しくないから

 

美味しくないとは、奪うものが無いということ。

鈴木みのるが狙うは、ベルトを持つ選手。

みのるにとって優先事項はベルトを持たない内藤より、タッグのベルトを持つSANADAでした。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

逆に言えば、SANADAにとっても鈴木みのるは美味しい相手。

タッグのベルトを餌にIWGPヘビーへの挑戦権を得た実績があるだけに、鈴木軍に対しても同様のパターンを狙っているかもしれません。

 

そして、ロスインゴ対鈴木軍の抗争の可能性はまだあります。

3・15後楽園ホールで組まれたカードは、ベルトを持たないロスインゴの3人。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

この試合でヒロムかBUSHIがジュニアタッグ王者から勝利を上げれば、再度タイトルマッチが組まれる可能性もあります。

 

そして、この試合でみのるが誰を標的にするのか?

ジュニアの2人?

それとも内藤哲也?

 

逆も然り。

内藤から手を出せば、インターコンチに興味があるということ。

あれだけ放り投げ破壊したベルトに興味を示せば、何か他の思案があるのかもしれません。

 

NJCを敗退してしまった内藤は、IWGPヘビー以外のベルトに興味を示すのか?

この試合の一挙手一投足には、様々な伏線が絡み合いそうです…