どうなるロングビーチ!?どうなるSAKURA GENESIS!?

雑感



NEW JAPAN CUP(以下NJC)に夢中で忘れがちですが、3・25ロングビーチ大会と4・1両国国技館『SAKURA GENESIS』は、もう目の前です!

 

3・18浜松(NJC準決勝)

3・21長岡(NJC決勝)

3・25ロングビーチinアメリカ

3・29熊谷

3・30後楽園ホール

4・1両国国技館

 

ちなみに昨年のアメリカ大会は、新設されたIWGP USヘビー級王座決定トーナメントが有りました。

このトーナメントを除けば、IWGPヘビーとタッグ、インターコンチとジュニアタッグの4タイトルマッチが行われています。

今年はどうでしょう?

すでに発表されているカードはこちらになります。

出典:新日本プロレスリング:HP

出典:新日本プロレスリング:HP

出典:新日本プロレスリング:HP

 

現状タイトルマッチは1つだけですが、今大会の目玉はG☆L vs ヤングバックスであることは間違いありません。

驚愕の展開!?2018年を盛り上げるのはゴールデン☆ラヴァーズ♪

 

このスペシャルな対戦カードだけで十分豪華なので、これ以上のタイトルマッチが組まれる可能性は低いでしょう。

増えてもNEVER無差別級6人タッグか、ザックと鈴木みのるが持つRPWブリティッシュ・タッグ王座の防衛戦でしょう。

鈴木軍とロスインゴのユニット抗争が始まる予感!?

 

もし、サプライズがあるとすれば…

 

クリスジェリコの乱入

出典:新日本プロレスリング:HP

 

もう一つ…

2018年2回目となるアメリカ大会開催発表

になるのではないでしょうか。

 

 

そして、1週間後に控える両国大会。

 

昨年5つタイトルマッチが組まれていますが、現在決定済みのカードはNJC優勝者のタイトルマッチ挑戦のみ。

NJC後の前哨戦が2試合しかなく、対戦相手が決まるストーリー付けが難しい状況です。

その中でも対戦相手の候補が見えてきたのが、下記組み合わせ。

 

IWGPジュニアタッグ選手権

エル・デスペラード&金丸義信 vs 高橋ヒロム&BUSHI vs SHO&YOH

 

NEVER無差別級選手権

後藤洋央紀 vs 岡倫之orタイチ

 

それに比べ全く挑戦者が現れないのが、IWGPジュニアヘビー

もしかしたら3・25STRONG STYLE EVOLVEDで、レイ・ミステリオJr.がライガーに勝って挑戦に名乗りを上げるかもしれません。

 

そしてもっとも気になるのが、IWGPインターコンチネンタル選手権

昨日の後楽園ホール大会では、鈴木みのると内藤哲也のタッグマッチは組まれませんでした。

みのる『昨日の内藤、今日のオカダ……。

残すところ、あといくつだ? あと何人だ? 

俺の頭踏んづけてるヤツは、片っ端からブチのめしてやる。

タダでとは言わねぇよ。

俺の首と、これ(ベルト)獲りにこい。

それと引き換えにテメェらの首差し出せ!

オイ!オカダよ!内藤よ!新日本プロレスよ……』

引用:新日本プロレス

 

4・1両国大会までの僅かな試合数で、みのる vs 内藤のタイトルマッチが決定するのか。

それとも、インターコンチのベルトに興味のない内藤は、タイトルマッチを拒むのか。

 

春の嵐が吹き荒れるかどうかは、この2人次第です…