UK大会・アメリカ大会日程からみる、壮大なストーリーの可能性とは?

雑感




3・25ロサンゼルス大会をご覧になった方はご存知だと思いますが、7・7サンフランシスコのカウパレスで今年2回目のアメリカ大会が開催されることが発表になっています。

昨年はアメリカで2大会(2日連続)行われていたので、今回の発表は予想通りといったところでしょうか。

どうなるロングビーチ!?どうなるSAKURA GENESIS!?

 

ロス大会のウォルターピラミッドに比べ、かなり大きい会場だそうです。

詳しくは『ホーホケキョ。』さんのブログをご覧ください。

“次は1万人規模だ!” 新日本プロレス、今年2度目のアメリカ大会の開催決定!【海外の反応】

 

そして、同日に『Strong Style Evolved UK大会』も発表されました。

 

この情報は、レボリューションプロレスの公式Twitterからのツイートです。

新日本プロレスからのアナウンスはありませんが、Twitterの画像には“NEW JAPAN PRO WRESTLING”と入っていることから、レボリューションプロレスリング(イギリスのプロレス団体)と新日本の合同興行となることでしょう。

 

イギリスとアメリカでの興行の日程を並べるとご覧の通りです。

 

6・30ミルトンキーンズ Strong Style Evolved

7・1マンチェスター Strong Style Evolved

7・7サンフランシスコ G1 CLIMAX SPECIAL

 

このスケジュールは6・9大阪城ホール“DOMINION”大会と、7月中旬のG1CLIMAX28開幕戦の真ん中くらいになります。

 

それぞれの興行の対戦カード予想は、また後日にしようと思います。

なぜ、後日にするのか?

それは、対戦カードより、気になったのことがあるから。

 

それは…

なぜこのタイミングで二つの興行が行われるのかということ

 

ここからお話することは予想ではなく、可能性の話です。

 

昨年7月に行われたアメリカ大会のメインは、IWGP USヘビー級トーナメントの実施。

8人がエントリーしたトーナメントは2日間で行われ、準決勝と決勝は同日に行われました。

一発勝負のトーナメントって魅力的ですが、同じ日にシングル戦を2試合するのって選手に負担がかかるし、勿体ないですよね。

興行名こそ違えど、3日間という日取りは8人でのトーナメントを行うのに最適な日程ではないでしょうか。

 

では、どんなトーナメントが行われるのか?

 

これ以上新しいベルトが増えることは考えづらいので、考えられるのは既存のベルトをかけたトーナメント。

誰かがベルトを返上して、そのベルトのチャンピオンを決める為のトーナメントだとしたら、可能性があるでしょう。

 

では、誰がどのベルトを返上するのか?

 

ベルトを返上しそうな選手と言えば…

 

内藤哲也

 

その内藤に今一番興味があるチャンピオンと言えば…

 

鈴木みのる

 

インターコンチに興味がない内藤がみのるとタイトルマッチを行い勝った場合、何が起きるのか?

インターコンチネンタル王者として、IWGPヘビーのベルトへの挑戦。

インターコンチ王者としてIWGPヘビーに挑戦し、IWGPヘビーのベルトを奪還すれば自然とインターコンチのベルトは返上となるでしょう。

 

ということで海外興行で行われるトーナメントは、インターコンチネンタル王者決定トーナメント。

そして、ベルト返上のストーリーは…

 

6・9大阪城ホールでインターコンチ王者 vs IWGPヘビー級王者