スポンサーリンク
翻訳 translation

後日配信って何?BOSJがLIVE配信できない理由

18日、19日と2日連続行われたベストオブザスーパージュニア(以下BOSJ)は大熱狂で開幕し、昨日は沼津に移動してのAブロック2戦目が行われます。

試合開始は15:00からですが、放送は後日配信。

後日配信???

最近ワールドを見始めた方には馴染みがない単語かもしれません。

ちなみにワールドのスケジュールを見ると、こんな感じになっています。

出典:NJPWWORLD:HP

後日配信※1※2※5!?

謎の暗号まで付いていて意味わからないですよね(笑)

ホームページには簡単に説明が書いてありますが、詳しく説明すると…

※1⇒固定カメラでの配信

固定カメラでの配信とは、リング内を写すメインの固定カメラ1台(ズームの固定)と場外戦になった場合のカメラ1台(こちらは固定ではない)での撮影という意味。

※2⇒実況なし

実況者と解説者がいないので誰も何も話してくれません。

会場の生の音と声しか聞こえないので、これを1時間も見ていたら完全に寝てしまいます。

※5⇒公式戦のみ配信

公式戦とはBOSJのリーグ戦の試合ということなので、今日の沼津大会でいうと第4試合までは放送ありません。

そして後日とはいつ配信されるのかというと、恐らく試合があった翌日。

昨年も遅くとも翌日中には配信されていた記憶があります。

ではなぜ、実況もなく生配信もないのでしょう?

基本的にカメラマンと編集はテレビ局に委託しています。

通常の配信の場合、スタッフの数を合わせてだいたい10人強。

それプラス、実況者と解説者。

そして後日配信で派遣されるスタッフは、おそらく1~2人

編集作業はテレビ局で行われるのではないでしょうか。

LIVE配信できないほど、BOSJは客の入りが悪いのかと思い、昨年の後日配信だった公式戦を調べてみると…

2017年

5・20三重大会(土曜) 1063人

5・21静岡大会(日曜) 1470人(満員)

5・23栃木大会(火曜) 641人

5・25石川大会(木曜) 1994人

5・26長野大会(金曜) 913人

5・27茨城大会(土曜) 1213人

5・28群馬大会(日曜) 1375人(満員)

栃木大会だけ少なく感じますが、他はそうでもないでしょう。

観客の入りは悪くなく、でもLIVE配信できない。

ということは…

選手を借りるのにお金がかかる

BOSJは16人中この4人が、この期間だけのために新日本に参戦します。

ACH

フリップ・ゴードン

クリス・セイビン

ドラゴン・リー

人件費  > BOSJ売上となり 、LIVE配信にかかる費用を捻出できないのでしょう。

では、G1はどうなのかというと、出場選手数に比べ他団体の選手が極端に少ないのが通例です。

それでも2015年までは後日配信を行っていました。

ということは、BOSJがLIVE配信されるようになるには…

ジュニアの所属選手の増加 = 出場選手枠の拡大 =大会数の増加

これが実現できない限り、費用が捻出されないということなのかもしれません。

ちなみに今年のBOSJの大会数は14日間。

それに比べ昨年のG1が19日間。

いや、大会数増加は現実的ではないので、頼みの綱は売上の大幅増加しかないのか。

他ブログサイトも、BOSJでこんなに盛り上がっているというのに…

やっぱりみんなで盛り上げるしかない!

そして、みんなで楽しむしかない♪

もしくは、新社長メイ氏の手腕にかかっているとも言える…

スポンサーリンク